Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2022年1月のイベント

Lunch Seminar on Japanese Economy and Society

Is corporate governance in Japan headed to a better place ?


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2022年01月14日(金) 12:30–14:00
場所: Online
講演者: Nicholas BENES (BDTI)

This conference will be held on the Zoom platform.

CLIK HERE TO REGISTER

After registering, you will receive a confirmation email containing information about joining the webinar.


For more information on how to join, please visit: https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/115004954946-Joining-and-participating-in-a-webinar-attendee-

20220114LSBenes.jpg

Abstract
The presentation will cover the topics related to corporate governance and the situation of Japanese companies at present. The contemporary historical perspective how and why Japan has reformed its corporate governance practices will first set the ground for short analytic views on the Corporate Governance Code. The relevant issue for economists is if and how companies are actually changing? And if yes, what tipping points are being reached and why?

One must take into account the fact that frustrations do exist and such are those by an outside director (depending on the company!) Although it is clear that different sorts of reforms are needed, what are possibly the next?

Case examples of relevant issues are, for instance, the state of director training in Japan, and how investors should engage with Japanese companies. There are trends revealed by market-wide data and some long term prognosis may be attempted as well – within the format allowed by the Eco-Lunch seminar.

Depending on time, the speaker will refer participants to presentation materials shared with them.


BDTI.jpg


Profile

Mr. Benes leads a non-profit organization, The Board Director Training Institute of Japan (BDTI), which has provided training for board members and executives on corporate governance and related management topics for over 10 years, and is supported by many institutional investor donors. BDTI is the one of only "public interest organizations" approved by the Japanese government to act in this area. In addition to training activities, BDTI promotes efficient analysis of corporate governance at all listed Japanese companies, by normalizing time-series data (including text) from all key disclosure documents,

He is trained in both law and business (JD-MBA), is bilingual in Japanese and English, and has served on a number of boards in Japan (thirteen years in total). He gained broad experience in investment banking during 11 years at JP Morgan, in New York, London and Tokyo, after which he founded a boutique M&A advisory firm in Japan.

A corporate governance advocate for many years, in 2013 and 2014 he had huge success when he was able to convince the Japanese government to promulgate a corporate governance code, and advised the FSA on its contents. He then seeded several other governance reforms.



Organization: FRIJ-MFJ
Co-organization: CCI France Japon
Support: French Embassy in Japan

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

日本とフランスにおけるリベラリズムについての対話:許容可能なリベラリズムについての概要と自由の原則


(同時通訳付き)
日時: 2022年01月17日(月) 18: 00 - 20 : 00
場所: オンライン
講演者: クロード・ガメル(エクス=マルセイユ大学)、橋本努(北海道大学)

こちらのイベントは、Zoomを使って行います。

お申し込みはこちら
お申し込みご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。


メールの案内に従いイベントに参加してください。
(お申し込みの際にメールアドレスを誤まって登録すると、招待メールが届きませんのでよくご確認ください。)

参加方法についての詳細はこちらをご覧ください:https://zoom-support.nissho-ele.co.jp/hc/ja/articles/360023978951-ウェビナーに参加-参加者-



20220117Gamellivre.jpg


Philosophie mal connue en France et souvent caricaturée, le libéralisme prend pourtant tout son sens par intégration de ses dimensions politique et économique. Un libéralisme socialement soutenable est alors possible, avec comme principe directeur la dispersion maximale du pouvoir. Si l’« ordre social spontané » de F. Hayek en est la toile de fond, les « principes de justice » de J. Rawls fournissent, une fois remaniés, les trois axes prioritaires de régulation à privilégier : travail choisi, capacités enrichies, revenu universel de base. Dans chaque cas, sont présentées les politiques publiques à mettre en œuvre, qui s’inspirent des travaux d’autres auteurs contemporains, en particulier ceux de l’économiste A. Sen et du philosophe P. Van Parijs. Toutefois, le libéralisme ici esquissé n’a de chance d’être réellement soutenable qu’en franchissant aussi d’autres « tests de robustesse ». En particulier, comment prendre en compte la concentration accrue du capital, les défis technologiques, l’urgence écologique et le désordre des relations entre États ? Les réponses apportées par le présent essai sont loin d’être assurées, mais cherchent à illustrer la fécondité du champ issu du décloisonnement de deux disciplines, philosophie et économie, qui ont encore trop tendance à s’ignorer.
20220117Gamel.jpg

20220117Hashimoto.JPG
『自由原理――来るべき福祉国家の理念(Principles of Freedom: Ideas on the Welfare State to come)』は、新しい自由主義の原理を体系的に展開しています。ここで「原理」とは、信念や行動や思考を体系的に展開する際に、その基礎となる根本的な真理や命題のことです。歴代の自由の思想家たちは、「政府からの自由」とか、「人格の完成」とか、「自律」とか、いろいろな理念を掲げて、自由の原理的な考察を展開してきました。けれども私はこの本のなかで、まだ論じられたことのない自由の新しい原理(始原:origin=arche)があると主張しています。 私の考えでは、三つの新しい原理があります。一つは、アマルティア・センの「できることとしてのケイパビリティ(capability as ableness)」に代わる「潜勢的可能性としてのケイパビリティ(capability as potentiality)」です。もう一つは、サーンスティンのリバタリアン・パターナリズムに代わる自由主義の思想であり、私はこれを「アスリート・モデル(athlete model)」と呼んでいます。このモデルは、言い換えれば、「システム1(system 1)」による限界合理性の克服であり、「あこがれ(aspiration)」を媒介にした活動的生(vita activa)の理想です。またこれと関連して、自律していない者たちが社会契約して社会を作る場合の原理を論じています。第三は、ハイエクのいう自生的秩序(spontaneous order)に代わる「自生的な善き生の理論(a theory of spontaneous well-being)」です。この「自生的な善き生」という言葉は、私の造語であり、これを説明するには時間を要します。簡単に説明すると、私たちは自分がどんな「善き生(well-being)」を求めているのか、どんな幸福を求めているのか、実はあまりよく分かっていない。にもかかわらず、私たちは善く生きることができる。ではそれはどのようにして可能なのか。この問題に答える原理です。

【司会】ジル・カンパニョーロ(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

Justice & Interest / Judicialization


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2022年01月26日(水) 17:00〜21:00
場所: オンライン
2022012627Justiceinterest.png

This conference will be held on the Zoom platform.

CLIK HERE TO REGISTER

After registering, you will receive a confirmation email containing information about joining the webinar.


For more information on how to join, please visit: https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/115004954946-Joining-and-participating-in-a-webinar-attendee-

The International Workshop “Justice & Interest / Judicialization” is organized by the French Institute of Research on Japan (Institut français de recherche sur le Japon, UMIFRE 19, CNRS, MEAE) at the Maison franco-japonaise in cooperation with the program “Justice and Interest” (InSHS, CNRS, field: economic philosophy) and the program “Judicialization of social and environmental issues in France and Japan” (IFRJ-MFJ, FFJ at EHESS and Tokyo University, Institute for Social Sciences).

Day one: Justice & Interest – fundamental notions

17:00 ~ 21:00 (JST) , 9:00 ~ 13:00 (CET) , 3:00 ~ 7:00 (EST)

Moderators: Gilles Campagnolo (CNRS, IFRJ) & Adrienne Sala (IFRJ)

17:00 Introduction

Panel 1 - Justice & Interest – fundamental notions I

17:15 ~ 19:00 (JST), 9:15 ~ 11:00 (CET), 3:15 ~ 5:00 (EST)

17:15 Antifragility and Justice

Miriam Teschl (EHESS, Aix-Marseille Univ.)

17:45 Mechanism design and fairness

Kate Vendrenburgh (London School of Economics)

18:15 The rights of non-humans: an opportunity to clarify the concept of interest

Clarisse Valmalette (Aix-Marseille Univ.)

18:45 Discussion

19:00 ~ 19:15 Break

Panel 2 - Justice & Interest – fundamental notions II

19:15 ~ 21:00 (JST) ú 11:15 ~ 13:00 (CET) ú 5:15 ~ 7:00 (EST)

19:15 Is public interest a scientific concept?

Léa Antonicelli (IEP Paris - Università degli studi di Padova)

19:45 Between knowledge and rhetoric, political economy as an argumentative arsenal: a study of the debate on the cancellation of European public debt in 2020 and 2021

Pierre de Saint-Phalle (Lausanne Univ.)

20:15 Chinese public contracts law in legal globalization

Romain Micalef (Aix-Marseille Univ.)

20:45 Discussion

Organization: IFRJ-MFJ, International Research Network “Justice & interest” (InSHS du CNRS), Research Program “Judicialization” (Univ. of Tokyo, Fondation France-Japon de l’EHESS)



[Call for Papers] International Workshop "Justice & Interest / Judicialization" (Extension of the deadline)

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

Justice & Interest / Judicialization


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2022年01月27日(木)  8:30-11:00 (JST), 17:00-19:30 (JST)
場所: オンライン
2022012627Justiceinterest.png

This conference will be held on the Zoom platform.

CLIK HERE TO REGISTER

After registering, you will receive a confirmation email containing information about joining the webinar.


For more information on how to join, please visit: https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/115004954946-Joining-and-participating-in-a-webinar-attendee-

The International Workshop "Justice & Interest / Judicialization" is organized by the French Institute of Research on Japan (Institut français de recherche sur le Japon, UMIFRE 19, CNRS, MEAE) at the Maison franco-japonaise in cooperation with the program "Justice and Interest" (InSHS, CNRS, field: economic philosophy) and the program "Judicialization of social and environmental issues in France and Japan" (IFRJ-MFJ, FFJ at EHESS and Tokyo University, Institute for Social Sciences).

Day two / Part I - Judicialization, Governance and Democracy

8:30 ~ 10:30 (JST) , 18:30 ~ 20:30 (EST) , 00:30 ~ 2:30 (CET)

Moderators: Adrienne Sala (IFRJ) & Gilles Campagnolo (CNRS, IFRJ)

8:30 Introduction

8:45 The Impact of Administrative Litigation Reform in Japan

Rieko Kage (Univ. of Tokyo)

9:15 Litigation, Activism, and War Crimes: Asia’s War Reparations Movement as Democratization

Timothy Webster (Western New England Univ.)

9:45 From Manners to Rules: The Legalistic Turn in Governance and Secondhand Smoke Countermeasures in Japan and South Korea

Celeste Arrington (The George Washington Univ.)

10:15 Discussion

Day two / Part II - Law, Environment & Social Justice

17:00 ~ 20:00 (JST) , 9:00 ~ 12:00 (CET) , 3:00 ~ 6:00 (EST)

Moderators: Adrienne Sala (IFRJ) & Gilles Campagnolo (CNRS, IFRJ)

17:00 Reflection on a triptych: industrial disasters, international economic law and “socio-environmental” justice

Benoît Lopez (Univ. Versailles Saint Quentin en Yvelines – Univ. Paris Saclay)

17:30 What does it change for Japan-based lawyers? Legal practice and/in the Anthropocene

Isabelle Giraudou (Univ. of Tokyo)

18:00 Environmental inequalities linked to waste management : case of Mediouna landfill

Imane Nya (Univ. Mohamed V)

18:30 The right to the city and the territorialization changes of the social contract (de-)urbanization under neoliberal regime

Raphael Languillon (IFRJ-MFJ)

19:00 Human rights issues during the pandemic Covid19 in Japan

Makiko Yoshioka (Univ. Paris 8)

19:30 General Discussion & Concluding remarks

Organization: IFRJ-MFJ, International Research Network “Justice & interest” (InSHS du CNRS), Research Program “Judicialization” (Univ. of Tokyo, Fondation France-Japon de l’EHESS)


[Call for Papers] International Workshop "Justice & Interest / Judicialization" (Extension of the deadline)

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

シンポジウム、ジャポニズム定例会(シリーズ3)

ジャポニスムを越えて:アジアにおける西洋の芸術家とフランスにおける東アジア(日本、中国、韓国)の芸術家(19世紀後半から20世紀前半にかけて)


(通訳なし)
日時: 2022年01月29日(土) 17:30〜20:00
場所: オンライン
講演者: クリスチャン・ポラック(フランス国立社会科学高等研究院ー日仏財団)、猿渡紀代子​​(大佛次郎記念館、ジャポニスム学会)、ヴィヴィアヌ・ルベール(リール第3大学博士課程、ジャポニスム学会)、兪悦(リール第3大学博士課程、ジャポニスム学会)
20220129Japonisme.png
Le bonze errant, Corée, 1948 ©Paul Jacoulet

こちらのイベントは、Zoomを使って行います。

お申し込みはこちら
お申し込みご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。


メールの案内に従いイベントに参加してください。
(お申し込みの際にメールアドレスを誤まって登録すると、招待メールが届きませんのでよくご確認ください。)

参加方法についての詳細はこちらをご覧ください:https://zoom-support.nissho-ele.co.jp/hc/ja/articles/360023978951-ウェビナーに参加-参加者-



日本に着想を得た芸術家について語る時、彼らが日本だけでなく、韓国、中国や他のアジア諸国、さらにはミクロネシアにも出向いていたことを時折、忘れがちになってしまうことがあります。これらの地域にインスピレーションを受けて芸術家が創作した作品はあまり知られていませんが、興味深いものがあります。また同時期に西洋の芸術に魅了された東アジアの芸術家の多くが第一次大戦後のパリで創作活動や展覧会を行っていました。今回のラウンドテーブルでは、狭義のジャポニスムを越えた交差する東西の影響関係について議論したいと思います。最初に取り上げられるのは、フェリックス・レガメとジョルジュ・ビゴーの二人の人物です。

プログラム


17:30-17:40 閉会の辞
ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所)、トマ・シルベルストン(芝浦工業大学)

17:40-18:00 クリスチャン・ポラック​​(EHESS日仏財団)「フェリックス・レガメと画家ポール・ジャクレー」

18:00-18:10 質疑応答

18:10-18:30 猿渡紀代子​​(大佛次郎記念館、ジャポニスム学会)「アジアとミクロネシアにおけるポール・ジャクレー: あるジャポニストの日本国外での足跡」

18:30-18:40 猿渡紀代子​​(大佛次郎記念館、ジャポニスム学会)「『ポール・ジャクレー全木版画集』の紹介およびジャクレーに関する最新研究のまとめ」

18:40-18:50 質疑応答

18:50-19:10 ヴィヴィアヌ・ルベール(リール第3大学博士課程、ジャポニスム学会)中国におけるバーサ・ラム: ジャポニストによる中国の作品.

19:10-19:20 質疑応答

19:20-19:40 兪悦(リール第3大学博士課程、ジャポニスム学会)「パリ1920と1930年代における東アジア芸術家の受容:朱沅芷、長谷川昇と裴雲成の絵画評価について」

19:40-19:50 質疑応答

19:50-20:00 閉会の辞
ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所)、トマ・シルベルストン(芝浦工業大学)

【司会】マガリ・ビューニュ(帝京大学、日仏会館・フランス国立日本研究所 協力研究員)、ジル・マスタルスキー(ジャポニスム学会、東京国際フランス学園)、柳下惠美(早稲田大学、ジャポニスム学会、アジア協会)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】サイエンススコープ、東京国際フランス学園、SEJT
日本語とフランス語、通訳なし

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2022年1月