Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2019年6月のイベント

講演会

市場に蝕まれたデモクラシー


(同時通訳付き)
日時: 2019年06月03日(月) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: アラン・シュピオ(コレージュ・ド・フランス)
20190603Droit.jpg

デモクラシーとは、ある社会の構成員が、全員に課される規則についての合意を得るために、「発言の会合〔議会〕」を形成することからなる、どちらかといえば珍しい習慣から生まれている。このような仕組みは、デモクラシーを「アイデアの市場」に還元する、法の経済分析からは切り落とされてしまう。こうして経済の領域は政治の領域(選挙市場)や聖なるものの領域(宗教市場)を吸収し、市民の姿は、消費者という姿の影にかき消される。

20190603Supiot.jpg プロフィール
アラン・シュピオ:コレージュ・ド・フランス教授(講座「社会国家とグローバル化。連帯の法的分析」)。社会法と法理論の二分野にまたがる仕事を展開。主著に『法的人間 ホモ・ジュリディクス 法の人類学的機能』(10ヶ国語に翻訳〔邦訳は勁草書房、2018年〕、『フィラデルフィアの精神』(6ヶ国語に翻訳〔邦訳は勁草書房より近刊〕、『数によるガバナンス』がある。












【講演者】アラン・シュピオ(コレージュ・ド・フランス)
【ディスカッサント】西谷修(東京外国語大学名誉教授)
【司会】橋本一径(早稲田大学教授)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】日本学術振興会科研費(基盤C:17K02268 代表:橋本一径)

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

人文科学と社会科学のジャーナルを通して学術分野における日仏関係の探究


(同時通訳付き)
日時: 2019年06月05日(水)
社会科学や人文科学の分野における科学研究と出版業の観点から見た、学術分野における日仏関係をテーマにしたシンポジウムにご招待致します。
さまざまなバックグラウンドを持った講演者がそれぞれの専門分野に焦点をおきながら、トピックについて議論致します。


講演者:

ダヴィド=アントワーヌ・マリナス(大学の連携の為フランス大使館へ所属)
「フランスの大学と日本の大学における連携について」

坂井セシル(日仏会館・フランス国立日本研究所所長)、『Ebisu』編集チーム(ソフィー・ビュニクとマチュー・カペル、研究者兼共同編集者)とアミラ・ゼグルール(編集アシスタント)
「『Ebisu』の紹介、日本語研究におけるフランス語ジャーナルについて」

トマ・パリゾとジェレミー・ロッシュ(Cain.info)
「日本での社会科学と人文科学におけるフランス語ジャーナルの反応ー日本大学市場での使用に関する実績と数値」

川口 裕司(東京外国語大学教授)
「現状における日本でのフランス語学習についてー言語学のケーススタディ」


【主催】Cairn.info、日仏会館・フランス国立日本研究所

参加人数に限りがございます。
参加をご希望の方はlicences@cairn.infoまでメールでお申し込みください。

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

Lunch Seminar on Japanese Economy and Society

The Bank of Japan: Monetary Policy, Central Bank Independence and Central Bank Transparency


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2019年06月14日(金) 12:30 – 14:00
場所: Room 601
講演者: Markus HECKEL (German Institute for Japanese Studies)
20190614Heckel.png

Speaker: Markus HECKEL (German Institute for Japanese Studies)
Moderator: Jean-Pascal BASSINO (French Research Institute on Japan - MFJ)

Abstract
This study focuses on the central bank independence and central bank transparency of the Bank of Japan and works on the research question of how the concept of central bank independence (including monetary policy making) is understood and executed in the Bank of Japan. The analysis includes the question if the Bank of Japan can be regarded as an independent central bank (de jure and de facto) considering the composition and appointment of its Monetary Policy Board members. This study starts with an analysis on central bank transparency (e.g. Geraats 2002; Eijffinger and Geraats 2006; Blinder et al. 2008), contributing to this research by adding the Bank of Japan as a case study. Comparisons with other main central banks (e.g. European Central Bank, US Federal Reserve System, Bank of England) are added to gain a broader understanding. Using the method of discourse analysis, this study seeks to illuminate the process of decision-making of the Bank of Japan’s Policy Board as one part of central bank independence, transparency and communication as well as their outcomes (in regards to monetary policy).

HECKEL_Markus.jpg

Profile
Markus Heckel is a Senior Research Fellow at the German Institute for Japanese Studies (DIJ) since November 2018. From 2012 to 2018 he has been working at the Chair for the Study of Economic Institutions, Innovation and East Asian Development at the Goethe University Frankfurt. He received his PhD with a study on the Bank of Japan at the University of Duisburg-Essen. His main research interests include macroeconomics, the political economy of central banks and labor economics.

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

浮遊する景色:日本文学の現代-その挑戦と軌道


使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2019年06月18日(火) 18:30〜20:00
場所: 1階ホール
講演者: 坂井セシル(日仏会館・フランス国立日本研究所)
pH200sakai.jpg

デジタル革命、グローバルターン以降の文学は如何なるものか。この問いを平成期が終わった日本文学の現代に投げかける。この広いテーマを扱うには、フランス語で書かれる現代文学史(翻訳された作品を中心に)を背景に、幾つかの外からの解釈を導入したい。1985年代以来900点以上の日本の作品が仏訳された。選定の基準、方法、効果、受容といった社会学的アプローチから、日仏の文学の場を検討すると、浮遊する景色が見えてくる。一方に文化遺産としての文学があれば、もう一方には、読書の衰退、出版の変貌、ジャンルの融合、作家の世代交代などがある。しかし、国際化と「3・11」後の壊れ始めた世界の間に、これからの文学の新しい軌道が見え始めている。

【講師】坂井セシル(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【司会】三浦信孝(公益財団法人日仏会館)

プロフィール
パリ・ディドロ大学教授、2016年9月から日仏会館・フランス国立日本研究所所長。専門は日本近現代文学。著書にHistoire de la littérature populaire japonaise 1900-1980, Paris, L'Harmattan, 1987 (『日本の大衆文学』朝比奈弘治訳、平凡社、1997年)、Kawabata le clair-obscur - Essai sur une écriture de l'ambiguïté(明暗の川端―曖昧性のエクリチュールに関するエッセー)Paris, Presses Universitaires de France, 2001, rééd. 2014 他、日本近現代文学についての論文、翻訳、多数。

【主催】(公財)日仏会館
【協力】日仏会館・フランス国立日本研究所
【参加費】1000 円(学生 500 円、日仏会館会員は無料)
【事前登録】https://www.mfjtokyo.or.jp/events/lecture/20190618.html

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

社会科学における創作

[ 講演会 ]

(同時通訳付き)
日時: 2019年06月24日(月) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: イヴァン・ジャブロンカ(パリ第13大学)
20190624Jalblonkalivre.jpg

歴史学者、社会学者、人類学者、政治学者は社会における過去と現在やそれらの機能、変化を理解するためのツールを作り上げた。数少ない当事者の間で、彼らは同志達に真実の言説を提供できると考えていたが、彼らの専門分野がもたらす創造や発明の可能性を認められなかった。しかし、研究者の仕事は「対象」や期間、空間、制度やグループを研究して「内容」を埋めるだけにとどまらない。研究はまたその形式の研究としても考えられる。したがって社会科学は、文学や舞台芸術、グラフィックや視聴覚アートにも開かれた生きた分野であり発展し続けるものと思われる。



20190624Jablonka.jpg

プロフィール
イヴァン・ジャブロンカは、フランスの歴史学者、作家。アラン・コルバンに師事し、現代史を専門とする。現在はパリ第13大学で教授を務める一方、オンラインマガジン「La Vie des Idées」の編集長、出版社「スイユ」の「La République des idées」コレクションの共同ディレクターをピエール・ロザンヴァロンと共に務める。主な著作に 『私にはいなかった祖父母の歴史』(2012年。邦訳は田所光男訳、名古屋大学出版会、2017年。アカデミー・フランセーズ・ギゾー賞、歴史書元老院賞、オーギュスタン・ティエリ賞受賞)、『レティシア』(2016年。未邦訳。メディシス賞、ル・モンド文学賞受賞)、『歴史は現代文学である』(2014年。邦訳は真野倫平訳、名古屋大学出版会、2018年)がある。

masatsugu-ono.jpg

小野正嗣は、作家である一方、フランス語圏文学を専門とする文学者であり、教授として早稲田大学で教鞭を執る。2002年、『にぎやかな湾に背負われた船』で第15回三島由紀夫賞を受賞。2015年『九年前の祈り』で芥川龍之介賞を受賞。小説『獅子渡り鼻』(2013年)は2018年に英訳(Lion Cross Point)が刊行された。

【講師】イヴァン・ジャブロンカ(パリ第 13 大学)
【ディスカッサント】小野正嗣(作家)
【司会】坂井セシル(日仏会館・フランス国立日本研究所)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】南山大学
【後援】在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント 次月のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2019年6月

« 2019年6月 »

            1
2
3
4 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 19 20 21 22
23
24
25 26 27 28 29
30            

2019年のイベント案内(PDF版)

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)