Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2023年4月のイベント

現代中国における儒教復古と「儒教」企業


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2023年04月14日(金) 18:00〜20:00
場所: 601号室

0414photo illustration-2.jpg



2000年代以降、中国における民衆の伝統文化への熱狂に関連して、企業界でも儒教的な価値観への要求が公に見られるようになった。この新しい傾向は、とりわけ、明の時代に文人たちに近い新しいタイプの商人を指していた「儒商」という古い言葉の回帰に伴っている。経営面では、この種の企業の経営手法に、主に儒教を援用しつつ伝統的な手段が強く動員されている。

041420140930200515 (2).jpg



パリ・エスト・クレテイユ大学AEIインターナショナルスクール教授。アジアの歴史と社会科学で博士号を取得し、現代中国の企業における儒教回帰についての研究を行う。

【司会】ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

ロラン・バルトが書かなかった本


使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2023年04月17日(月) 18:00〜20:00
場所: 1階ホール
講演者: アントワーヌ・コンパニョン(アカデミー・フランセーズ/コレージュ・ド・フランス名誉教授)

AC.jpeg



ロラン・バルトは注文に応じて書くのを常としたが、彼が夢見ていたのはいっさいの依頼から逃れて〈作品〉を書くこと、それに打ち込むことだった。できれば注文の断わり方を心得て、肝心なことの執筆に備えたいと願っただろう。ただし公刊するためではなく、ただ〈書く〉ために、自動詞的に書くために。依頼や注文に対する彼の態度は非常に両義的で、薬でも毒でもある依存薬物を摂取した人のふるまいのように、隷従と反抗とが入り混じっていた。



図2.jpg図1.jpg



【司会】中地義和(東京大学名誉教授)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】​​​​​​​​​​​​日本学士院

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

India-China Relationship: Between Geostrategic Rivalry and Economic Competition 


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2023年04月20日(木) 18:00〜20:00
場所: 601号室
講演者: Jean-François HUCHET (Inalco)

Photo JFH.jpg

Without ignoring the existence of multiple cooperation channels, or seeking to minimise the importance of considerable achievements realised in three decades of cooperation by the two governments towards normalising their relations, the relations between the two Asian giants remain hamstrung by a series of geostrategic and economic rivalries. Despite fast growth in trade and in specific areas of economic cooperation, Beijing-New Delhi ties do not yet amount to a veritable strategic partnership that has been announced on both sides of the Himalayas on many occasions. The Indo-Pacific strategy pursued by many countries in the region (with different meanings and objectives depending on the country) also contributes to hampering cooperation between China and India.

Moderator: Bernard THOMANN (FRIJ-MFJ

Organization: FRIJ-MFJ

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

Lunch Seminar on Japanese Economy and Society

Japan’s Productivity Puzzle


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2023年04月21日(金) 12:30 –14:00
場所: Room 601, Online
講演者: Franz WALDENBERGER (German Institute for Japanese Studies)

To join us on site, please sign up using the red "Inscription" button above.

*Eating and drinking are not permitted in the lecture room to prevent the spread of the coronavirus*

This lecture will be simultaneously streamed on Zoom.

CLICK HERE TO REGISTER TO ASSIST ONLINE

After registering, you will receive a confirmation email containing information about joining the webinar.


For more information on how to join, please visit: https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/115004954946-Joining-and-participating-in-a-webinar-attendee-


220221Deutsches Institut 4.jpeg
To sustain income levels in face of a rapidly aging society, Japan will need to increase labor productivity. Value added per hour worked has been increasing over the last 30 years, but it remains very low in comparison to other OECD countries. In 2021, it was below 60% the US level. This is surprising given Japan's excellent resource conditions: a high education level of its workforce, high investment in research and development and relative abundance of capital. The presentation will try to resolve Japan's productivity puzzle and discuss possible ways on how productivity could be increased. 


Franz Waldenberger is Director of the German Institute for Japanese Studies (DIJ) in Tokyo. He is on leave from Munich University where he holds a professorship for Japanese Economy. His research focuses on the Japanese Economy, Corporate Governance and International Management. He is editor in chief of the international peer reviewed journal Contemporary Japan. His recent publications include The Future of Financial Systems in the Digital Age (co-edited with M. Heckel, Springer, 2022). As member of the Japanese German Forum and the board of the Japanese German Business Association, he has for many years been working for the betterment of German Japanese relations.

Moderator: Sébastien LECHEVALIER (FRIJ-MFJ)
Organization: FRIJ-MFJ
Co-organization: CCI France Japon
Support: French Embassy in Japan

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント 次月のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2023年4月

« 2023年4月 »

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 18 19
21
22
23 24 25 26 27 28 29
30