Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2023年3月のイベント

「家族と過ごせたのは良かったけれど…」自粛生活に見る現代フランスと家族の特徴について


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2023年03月02日(木) 18:00〜20:00
場所: 601号室
講演者: エヴリーヌ・バルトゥ(ポー大学)

Photo pro.jpg

エヴリーヌ・バルトゥは、ポー大学の社会学研究者。TREE(Transitions Energétiques et Environnementales)研究所研究員、エミール・デュルケムセンター(ボルドー大学)協力研究員。数年間、移民系の若者の調査を行った後、現在は先住民の若者と、コロナ禍に関連する社会・環境の変遷に関心を持つ。昨年『Les pairs à l'adolescence』(共著)を出版し、コロナ禍が若者や家族に与える影響についていくつかの研究を発表した。

【司会】アドリエンヌ・サラ(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

国際女性デー記念シンポジウム

女性と表象―服飾、モード、ジェンダー


(同時通訳付き)
日時: 2023年03月04日(土) 14:00〜18:30
場所: 1階ホール
講演者: クリスティーヌ・バール(アンジェ大学)、村田京子(大阪府立大学名誉教授)、新實五穂(お茶の水女子大学)、吉川佳英子(愛知工業大学教授)、丹羽晶子(お茶の水女子大学大学博士後期課程)、渡辺采香(お茶の水女子大学大学博士後期課程)

フライヤーSFJ2023finalised1.jpgシンポジウムの詳細はこちらをご覧ください

【司会】中山信子(早稲田大学演劇博物館研究員)、辻山ゆき子(共立女子大学教授)、西尾治子(日仏女性研究学会代表)

【主催】日仏女性研究学会、日仏会館・フランス国立日本研究所

【共催】(公財)日仏会館

【助成】 科学費基盤研究(C)研究代表者:村田京子 「ジェンダーの視点から見た19世紀フランス文学とモード、美術との相関性」(20K00501)

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

満州における神道の軌跡と皇族の系譜

[ 第38回渋沢・クローデル賞フランス側受賞記念講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2023年03月06日(月) 18:00〜20:00
場所: 1階ホール
講演者: エドゥアール・レリッソン(フランス国立東洋言語文化学院)


E. L'Herisson - Portrait.jpeg

満州は、近代の神道が普及した主な地域の一つです。実際、1905年から1945年の間に建てられた神社が300箇所以上あります。この「海外神社」による具体的な空間の占有には、領土拡張の動きの中で神道の役割を正当化する一連の言説があります。本講演会では、松山珵三(1878-1947)、出口王仁三郎(1871-1948)、筧克彦(1872-1961)の3人の事例を取り上げ、宗教建築と言説との密接な関係を明らかにします。課題となるのは、満州という帝国空間の周縁との出会いが、近代の神道の中心人物たちの軌跡にとってどれほど影響があったかを示すことです。


【講師】エドゥアール・レリッソン(フランス国立東洋言語文化学院)
【司会】ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】(公財)日仏会館、フランス国立社会科学高等研究院・日仏財団
【協賛】(公財)渋沢栄一記念財団、学校法人帝京大学
【後援】在日フランス大使館、読売新聞社

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

モダニティを問い直す:デュルケーム、ブルデュー、さらにその先へ


(同時通訳付き)
日時: 2023年03月10日(金) 13:30〜18:00
場所: 1階ホール
講演者: ジルダ・サルモン(国立科学研究センター・社会科学高等研究院)、 川本彩花(日本学術振興会特別研究員・滋賀大学)、山田陽子(大阪大学)

20230310Salmon.png


近代社会の到来とともに成立した社会学は、常に「近代」を研究 の土台に見据えてきました。社会学から人類学へという流れの中 で、「近代」が相対化される一方、「ポストモダン」をめぐる議論で は、現在はもはや「近代社会」ではないのではないかという問いも 示されています。本シンポジウムでは、デュルケーム、ブルデュー というフランス社会学の伝統を踏まえつつ、さらに今日の日本の 状況をも視野に入れて、フランスからの若手哲学者ジルダ・サル モン氏とともに、モダニティについてあらためて問い直します。


【主催】科学研究費補助金・基盤研究(B)「『集合意識』から『情動の社会学』へデュルケーム社会学の現代的展開」(22H00904)、日仏社会学会、デュルケーム/デュルケーム学派研究会

【共催】日仏会館・フランス国立日本研究所

【協力】(公財)日仏会館 

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

How TV Series Change the World

[ Workshop ]

使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2023年03月15日(水) 14 h - 17 h
場所: 601号室
講演者: Sandra LAUGIER (Paris 1 Panthéon-Sorbonne Univ.), Sylvie ALLOUCHE, Thibaut DE SAINT MAURICE, Anastasia KRUTIKOVA, Tatsiana ZHURAULIOVA, Adrienne SALA, Philippe CODOGNET, Rémi TERESZKIEWICZ, Xavier MELLET, YOSHIDA Toru

20230315TVSeries.png

Moderator: Sébastien LECHEVALIER (FRIJ-MFJ) 

Organization: IFRJ-MFJ

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

大衆文化と倫理教育


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2023年03月15日(水) 18:00〜20:00
場所: 601号室
講演者: サンドラ・ロギエ(パリ第1大学)

20230315Laugier.jpg20230315Livre.jpg

【司会】セバスチャン・ルシュヴァリエ(日仏会館・フランス国立日本研究所)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

オリンピック・パラリンピック大会の立候補プロセスにおける大衆の参加と反対運動 


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2023年03月22日(水) 18:00〜20:00
場所: 601号室
講演者: ミシェル・ケベル(ストラスブール大学) 

20230322Michel_Koebel.png



国民投票の結果は、ただ一つの原因によるものとされることはほとんどない。それは通常、様々な状況や、有権者の動員や選択に及ぼしたであろう影響の組み合わせである。2024年のオリンピック招致をめぐるハンブルグの住民投票の失敗を、招致推進派と反対派の行動、前回の招致結果、地元メディアと投票前の世論調査の役割、地元スポーツ協会の役割に基づき、さらに地元の枠組みを超えた政治・立法的背景に基づいて分析、説明する。

ミシェル・ケベルは、ストラスブース大学社会学教授。地域の政治とそれを担う人々や、その民主主義の形態、とりわけ市民の参加と論争、協会における権力と政治参加の問題について研究をしている。 最近では、欧州のオリンピック・パラリンピック招致における市民の関わりについてのエクセレンス・イニシアティブを指揮した。現在、欧州プロジェクト「JUSTICE」の学術的活動の一つである、「都市部における公共交通機関へのアクセシビリティと利用者の参加(フランス/ベルギー/トルコの比較)」の責任者である。

【司会】ラファエル・ランギヨン(日仏会館・フランス国立日本研究所)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所



* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2023年3月