Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2022年12月のイベント

Local Energy Governance. Opportunities and Challenges for Renewable and Decentralised Energy in France and Japan


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2022年12月09日(金) 18:00–20:00
場所: Online
講演者:

Magali DREYFUS (CNRS), SUWA Aki (Kyoto Women's Univ.)

Discussant: Brieuc MONFORT (Sophia Univ.)

20221209Local energy governance.jpg

This conference will be held on the Zoom platform.

CLIK HERE TO REGISTER

After registering, you will receive a confirmation email containing information about joining the webinar.


For more information on how to join, please visit: https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/115004954946-Joining-and-participating-in-a-webinar-attendee-

This conference is based on the publication of a new book at Routledge publisher, dedicated to a comparison of local energy governance issues in France and Japan. It aims to examine the extent of the energy transition taking place at a local level in France and in Japan, two countries that share ambitious targets regarding the reduction of GHG emissions. The two speakers, who are also the editors of the book, look on local energy policies and initiatives and apply an institutional and legal analysis to help identifying barriers but also opportunities in the development of renewable energies in local territories. On a more general level, they try to interrogate local energy and environmental transition issues in France and in Japan.

Magali DREYFUS is a CNRS’ Researcher based at the Center for European Research on Administration, Politics & Society at Lille University (France). Her research focuses on issues of decentralization and management of local public services, as well as on the environmental and energy activities of local authorities, particularly through the subject of climate change.

Aki SUWA is a Professor at the Faculty of Contemporary Society of Kyoto Women’s University, as well as an Instructor at the College of Policy Science at Ristumeikan University (Kyoto, Japan). Her research focuses on how environmental understanding facilitates policy formulation, and how this influences the degree of the policy implementation on the ground.

Brieuc MONFORT is an associate professor at the Faculty of Foreign Studies of Sophia University (Tokyo, Japan). Previously, he was an economist at INSEE and at the Ministry of Finance (2001-2004). He was also a financial adviser in Japan, South Korea, and Australia, as well as deputy director of the economic section at the Treasury Department of the French Embassy in Japan (2009-2013).

Moderator: Raphaël LANGUILLON (FRIJ-MFJ)

Organisation: FRIJ-MFJ

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

フランスにおける税の受容と拒絶:長期的視点からの考察


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2022年12月15日(木) 15:00〜17:00
場所: 601会議室
講演者: フレデリック・トリストラム (パリ第一パンテオン・ソルボンヌ大学)【討論者】髙橋涼太朗 (東海大学)

20221215Frededic ID Photo.jpg

フランスの国民負担率は、コロナ危機下にもかかわらず、2021年時点で44%を超える。こう見ると、フランス人は、非常に高い国民負担を進んで受け入れているようである。しかしながら、ここ数年、フランスでは、税の支払いに反対する運動の数は増大し、運動は多様な社会的階層に広がっている。2012年にはインターネットを利用した中小企業家による反税運動、2013年にはブルターニュ地方の人々による「ボネ・ルージュ(赤いベレー帽)運動」、そして2018年には「黄色いベスト運動」が生じた。本報告は、特に1950年代に生じたプジャード運動と照らし合わせながら、近年のこれらの運動を長期的な文脈の中に位置付け、特徴を明らかにすることを目的とする。こうした観点から考察すると、「黄色いベスト運動」という現象は、あるフランスの特異性とますます包括的ではなくなっている社会の再分配のある仕組みの現代的な形態の結果であるということが浮かび上がってくる。


【講師】フレデリック・トリストラム(パリ第一パンテオン・ソルボンヌ大学)
【討論者】髙橋涼太朗(東海大学)
【司会】小西杏奈(帝京大学)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【後援】パリ第一パンテオン・ソルボンヌ大学、帝京大学経済学部、フランス経済史研究会
【助成】JSPS科研費(JP21KK0026)

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

Which Impact of Digitalization on Labor and Work in Japan?


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2022年12月16日(金) 12:30–14:00
場所: Online
講演者: Isamu YAMAMOTO (Keio University)

This conference will be held on the Zoom platform.

CLIK HERE TO REGISTER

After registering, you will receive a confirmation email containing information about joining the webinar.


For more information on how to join, please visit: https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/115004954946-Joining-and-participating-in-a-webinar-attendee-



Summary
The spread of new technologies such as AI and digitalization have a various impact on Japanese labor market. Based on Japanese workers data, I show the evidence how the introduction and utilization of new technologies affect the employment, wages, work hours, tasks, well-being including mental health and job engagement. It is shown that no major negative effects observed so far in Japanese labor market, rather some positive effects on wages, work hours, and well-being can be found. It is also shown that task transformation from routine to non-routine abstract one as well as necessary IT and data analysis skill formation are highly important.

プロフィール写真.jpeg



Profile:
Isamu Yamamoto is Professor of labor economics at the Faculty of Business and Commerce, Keio University. He serves as Director of the Panel Data Research Center at Keio University. Previously, he was a senior economist at the Bank of Japan. He received his Ph.D. in Economics from Brown University.


Moderator: Sébastien LECHEVALIER (FRIJ-MFJ)

Organization: FRIJ-MFJ
Co-organization: CCI France Japon
Support: French Embassy in Japan

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

フランスにおけるバレエ、大革命から20世紀まで


使用言語:フランス語 (英語通訳)
日時: 2022年12月16日(金) 18:00〜20:00
場所: 601号室
講演者: ジュディス・シャザン・ベナハム(ニューメキシコ大学)
20220908ChazinBennahum.png



【講師】ジュディス・シャザン・ベナハム(ニューメキシコ大学)

【司会】柳下惠美(早稲田大学)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所 日本学術振興会 若手研究 (A)17H04770「20世紀における芸術文化の国際的展開」、早稲田大学



20220908Ballet.png

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

満州における神道の軌跡と皇族の系譜

[ 第38回渋沢・クローデル賞フランス側受賞記念講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2022年12月19日(月) 18:00〜20:00
場所: 1階ホール
講演者: エドゥアール・レリッソン(フランス国立東洋言語文化学院)

E. L'Herisson - Portrait.jpeg

満州は、近代の神道が普及した主な地域の一つです。実際、1905年から1945年の間に建てられた神社が300箇所以上あります。この「海外神社」による具体的な空間の占有には、領土拡張の動きの中で神道の役割を正当化する一連の言説があります。本講演会では、松山珵三(1878-1947)、出口王仁三郎(1871-1948)、筧克彦(1872-1961)の3人の事例を取り上げ、宗教建築と言説との密接な関係を明らかにします。課題となるのは、満州という帝国空間の周縁との出会いが、近代の神道の中心人物たちの軌跡にとってどれほど影響があったかを示すことです。


【講師】エドゥアール・レリッソン(フランス国立東洋言語文化学院)
【司会】ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】(公財)日仏会館、フランス国立社会科学高等研究院・日仏財団
【協賛】(公財)渋沢栄一記念財団、学校法人帝京大学
【後援】在日フランス大使館、読売新聞社

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント 次月のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2022年12月