Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2018年7月のイベント

Lunch Seminar on Japanese Economy and Society

The 6th Industry: Renegotiating the Political Economy of “Regional Japan”


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2018年07月05日(木) 12:30 – 14:00
場所: Room 601
講演者: Hanno JENTZSCH (German Institute for Japanese Studies)

This seminar will analyse the so-called “6th industry” – i.e. business models that link agricultural production with processing and marketing or tourism – as a focal point of gradual institutional change in Japan’s post-war political economy. The 6th industry is currently attracting public and political attention as a means of reviving the greying farm sector and Japan’s rural peripheries in general. However, similar concepts existed long before this policy trend gained momentum. Throughout the post-war period, farmers and the cooperative organization JA were involved in linking the production, processing and marketing of agricultural products. Promotion of the 6th industry unfolds in the context of macro-institutional shifts that have been altering the political economy of “regional Japan” (Kelly 1990). Among these, the reorganization of central-local fiscal relations since the mid-2000s has forced many villages and towns to merge and has shifted responsibility for rural revitalization onto local actors. Furthermore, deregulation and corporatization have gradually altered the once non-corporate agricultural support and protection regime. As a result, the 6th industry now often takes the form of contract farming between (incorporated) family farms and retail corporations. Corporations have also gained direct access to farmland, challenging the position of “traditional” household farms and the organization JA.
Using interviews and participatory observation, this seminar analyzes current 6th industry projects as contested arenas in which established actors struggle over the direction of institutional change in the farm sector, and in “regional Japan” as a whole.

jentzschphoto.jpg

Profile:
Hanno Jentzsch is a senior research fellow at the German Institute for Japanese Studies in Tokyo. He received his PhD in 2016 from the University of Duisburg-Essen, where he was a member of the DFG Research Training Group “Risk and East Asia”. His dissertation analyzed the process of institutional change in the Japanese agricultural support and protection regime. His research interests include processes of institutional change in advanced political economies, varieties of capitalism, welfare regimes, and urban-rural relations.

Moderator: Sophie BUHNIK (UMIFRE 19 - MFJ)
Organization: UMIFRE 19 - MFJ
Co-organization: CCI France Japon

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

ラウンドテーブル

日仏討論会 « 高齢者のための未来都市とは? »


(同時通訳付き)
日時: 2018年07月11日(水) 18:00〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: ピエール=マリー・シャポン(「年長者友の街」研究所所長)、園田眞理子(明治大学)
ville demain.jpg

日本は世界で最も都市化の進んだ国の一つであり 、平均年齢が最も高齢化した国でもある。フランスは、日本に比べ人口動態に勢いがあるとはいえ、大都市における高齢者の孤立の問題に直面せざるを得ない。この討論会では、具体的な事例をもとに、人口の高齢化に、都市と生活様式をどう適応させるかを考える。

プロフィール


ピエール=マリー・シャポンは、景観地理学者、社会学者、また、ジャン・ムーラン ・リヨン第三大学環境・都市・社会研究所共同研究者。「年長者友の街」研究所所長。2016年3月まで世界保健機構「年長者友の街」プログラムのフランス代表を務めた。




sonoda.gif 園田眞理子は明治大学理工学部建築学科教授。専門分野は建築計画、住宅・住環境計画、住宅政策論。






【司会】ソフィー・ビュニク(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本、日仏会館・フランス国立日本研究所
日本語とフランス語、同時通訳

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

連続講演会《日本研究の現在》

反-写真と雑誌『プロヴォーク』(1968-1969)-多木浩二をめぐって


(同時通訳付き)
日時: 2018年07月20日(金) 18:30 - 20:30
場所: 1階ホール
講演者: ミカエル・リュケン(フランス国立東洋言語文化大学)、ディスカッサント:今福龍太(東京外国語大学)
2018Lucken.jpg

写真誌『プロヴォーク』は西洋で再び注目を浴びることになった。とりわけ中平卓馬や森山大道の掲載作品は、ますます広い関心を集めている。しかし、写真の作者と主題の消失を目的とする運動が、特定の人物を通して評価されているのは逆説的である。『プロヴォーク』で中心的役割を担った後、写真をやめて評論に力を注いだ多木浩二(1928-2011)の足跡は、この雑誌の試みについての斬新な視点を示すだろう。

【司会】マチュー・カペル(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
日本語とフランス語、同時通訳

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント 次月のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2018年7月

« 2018年7月 »

1 2 3 4 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)