Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

画鬼・暁斎展 記念シンポジウム

河鍋暁斎とジョサイア・コンドル―海外における評価と受容


使用言語:日本語 (通訳なし)
日時: 2015年07月04日(土) 14:00 - 16:30 (受付開始13:30)
場所: 1階ホール
kyosai sensei at nikko.jpg
ジョサイア・ コンドル《 Kyosai sensei at Nikko, August.5 》明治18(1885)年、河鍋暁斎記念美術館蔵

* 定員に達したため、お申込みを締め切らせていただきました。




三菱一号館美術館では、開館5周年を記念し、6月27日(土)より「画鬼暁斎―幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」を開催します。河鍋暁斎は、幕末に生まれ、6歳で浮世絵師歌川国芳に入門、9歳で狩野派に転じてその正統的な修業を終え、幕末明治に「画鬼」と称され、絶大な人気を博した絵師です。一方、三菱一号館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドルは、日本政府に招かれ、明治10(1877)年に来日、日本の近代建築に多大な功績を残しました。彼は日本美術愛好家でもあり、暁斎に弟子入りして絵を学び、師の作品を海外に紹介しました。
本シンポジウムは、画鬼・暁斎展を記念し、国内外の専門家をお呼びして、暁斎とコンドルの親しい交流をしのびながら、暁斎がこれまでフランス、イギリスをはじめとして海外でどのように評価され、紹介されてきたかに焦点を当て、暁斎とコンドルへの理解を深めます。

【主催】日仏会館フランス事務所、三菱一号館美術館
【協力】公益財団法人河鍋暁斎記念美術館
【後援】明治美術学会、ジャポニスム学会
【定員】120名・オンライン事前申込制
【参加費】一般1,000円(税込)、後援団体会員500円(税込)、日仏会館会員・学生無料(要学生証提示)
【司会】クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所/日本研究センター 所長)
【登壇者】(敬称略)
 冒頭挨拶:高橋明也(三菱一号館美術館 館長) 
 講演1 :野口玲一(三菱一号館美術館 学芸グループ長)
 講演2 :山口静一(埼玉大学名誉教授)
 トーク・セッション:河鍋楠美(河鍋暁斎曾孫・河鍋暁斎記念美術館 館長)、山口静一(埼玉大学名誉教授)、及川茂(日本女子大学名誉教授)、タイモン・スクリーチ(ロンドン大学アジア・アフリカ研究所教授)、野口玲一(三菱一号館美術館 学芸グループ長)
【展覧会リンク】 http://mimt.jp/kyosai/


※7月17日(金)城西大学(紀尾井町キャンパス)にて、日仏会館フランス事務所長 クリストフ・マルケは、講演会「フランスで賞賛された明治の風刺画家・河鍋暁斎」を行います。
聴講無料、要事前申し込み。

詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

Josai50th-lecture_20150717 bis.jpg
kyosai et conder 1089.jpg

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 河鍋暁斎とジョサイア・コンドル―海外における評価と受容

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30