Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2024年7月26日(金)のイベント

編集方針としてのメディア批判:日本型の「メディアクティビズム」についての考察


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2024年07月26日(金) 18:00〜20:00
場所: 601会議室
講演者: セザール・カステルビ (パリ・シテ大学)

定員に達したためお申込みを締め切りました

フランスでも日本でも、メディアやジャーナリズムに対する批判はこの30年で着実に強まってきた。この流れの中で、さまざまな社会運動と結びついたいわゆる「オルタナティブ」メディアは、伝統的メディア(テレビや新聞)に対する批判的言説を生み出し、広める上で重要な役割を果たしてきた。以上の現象は「メディアクティビズム」(Médiactivisme)と呼ばれているが、公共圏におけるメディアの正当性に疑問を投げかける「メディアクティビズム」は、日本では特別な形をとっている。読者や視聴者数の減少を背景に、一部の報道機関(日刊紙や雑誌)は、よりオーディエンスの関心を獲得するために、ターゲットを絞り、ライバルメディアに対してますます攻撃的な編集方針を打ち出すようになった。つまり、もともと「メディアクティビズム」の標的であった大手メディアも、ここ数年、その原動力のひとつにもなりつつある。
本発表の目的は、複数のケーススタディに基づき、この現象の構造とその背景を分析し、現代日本社会におけるメディア制度の位置づけへの帰結について考えることである。

20230119César Castellvi Photo.jpeg

セザール・カステルビは社会学者で、パリ・シテ大学の日本研究准教授。

【司会】西村カリン(ラジオ・フランス、リベラシオン日本特派員)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2024年7月26日