Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2021年12月06日(月)のイベント

影の皇帝:日本におけるナポレオン像の変遷 (1800-1900) ー歴史から伝説へ

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2021年12月06日(月) 18:00-20:00
場所: オンライン
講演者: フランソワ・ラショー(フランス国立極東学院)

こちらのイベントは、Zoomを使って行います。

お申し込みはこちら
お申し込みご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。


メールの案内に従いイベントに参加してください。
(お申し込みの際にメールアドレスを誤まって登録すると、招待メールが届きませんのでよくご確認ください。)

参加方法についての詳細はこちらをご覧ください:https://zoom-support.nissho-ele.co.jp/hc/ja/articles/360023978951-ウェビナーに参加-参加者-



20211206Napoleon.jpg

2021年は、フランスで最も有名な人物の一人であるナポレオンの死と重なる年だ。アンヴァリッドにある彼の墓からは、戦争の英雄、行政の天才、新しいヨーロッパの創造者といった彼の姿がいたるところで感じられる。過去の遺産を現代の方法に照らして読み直すことが危惧されているフランスにおいては「偉人」という言葉が威厳を失っているが、あらゆる黒い伝説にもかかわらず、ナポレオンの名は国境を越えて日本列島にまで及んでいる。日本で彼の名が知られるようになるのは1812年以降である。彼は、頼山陽(1780-1832)の詩の中で、世界的な征服者となり、幕末の幻滅した世代の英雄となり、ついにはフランスの偉大さを示す普遍的なシンボルの一つとなった。今から300年前の1721年に初めて全ロシアの皇帝の称号を得たピョートル大帝(1672-1825)だけが、この名誉に異議を唱えた。あまり知られていない、あるいは扱われてこなかったテキストや資料を通して、F.ラショーは、日本におけるナポレオンの「伝記から伝説」への道を公式資料や蘭学者の研究を用いて明らかにし、詩人や学文人たちの想像力の征服者であるナポレオン、「民衆のナポレオン」を分析する。ナポレオンは、当時誕生しつつあった近代日本のモデルとなった。彼はこの国を知ることはなかったが、彼の影は日本において想像力を征服し、墓の向こうからその伝説の特異なページを記したのである。

【司会】ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2021年12月 6日

2021年12月

      1 2 3 4
5 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31