Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2021年4月09日(金)のイベント

日仏シンポジウム

東日本大震災から10年を経て—危機、破壊、新たな活力


(同時通訳付き)
日時: 2021年04月09日(金) 16:00〜20:00
場所: オンライン
講演者: ニコラ・ボーメール、ティノ・ブリュノ、中條千晴、クリスティーヌ・ファセール、今村文彦、ポール・ジョバン、鎌田慧、金菱清、片岡輝美、レオ・マルシャル、三宅諭、フィリップ・ペルティエ、マガリ・レゲザ・ジット、レミ・スコシマロ

* お申し込みを締め切らせていただきました。


2021040910Dixans.jpg

画像をクリックし詳細をご覧ください。



東日本大震災から10年が経過しました。地震、津波、原発事故という未曾有の出来事は、国内外に大きな影響を与えました。
本シンポジウムでは、震災とその影響を理解するため、3.11の災害の諸側面に関して長期的な研究を行う日仏の研究者を迎え、「災害の理解」「地域とコミュニティの復興」「エネルギー政策と原子力問題」の3点を軸に討議します。
この10年の間に、何が起こったのか? 復興はどのようにして行われたのか?放射能汚染と共存せざるをえなくなった人々の現状はいかなるものか?
日本の問題のみならず、脆弱性が露呈しつつある現代社会が直面する課題や、過酷な状況を生きる人々への支援といった問題も含めて、概観の提示を試みます。


【講師】ニコラ・ボーメール(名古屋大学)、ティノ・ブリュノ(京都産業大学)、中條千晴(リヨン第三大学)、クリスティーヌ・ファセール(パリ第一大学)、今村文彦(東北大学災害科学国際研究所)、ポール・ジョバン(台湾中央研究院)、鎌田慧(ジャーナリスト)、金菱清(東北学院大学)、片岡輝美(会津放射能情報センター)、レオ・マルシャル(横浜大学)、三宅諭(岩手大学)、フィリップ・ペルティエ(リヨン第二大学)、マガリ・レゲザ・ジット(パリ高等師範学校)、レミ・スコシマロ(トゥールーズ - ジャン・ジョレス大学)

【司会】 アンヌ・ゴノン(同志社大学)、三浦信孝(公益財団法人日仏会館顧問) レミ・スコシマロ(トゥールーズ - ジャン・ジョレス大学)、


【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【助成】(公財)東芝国際交流財団
【後援】 同志社大学
【協力】(公財)日仏会館


Ce colloque fait partie d'un cycle de trois événements organisés en partenariat avec le CRCAO (Université de Paris), l'IFRAE (Inalco) et la Maison franco‑japonaise de Tokyo :

13 Mars 2021 | 10.00 - 14.00 (France) | 18.00 - 23.00 (Japon)
Écrire la catastrophe – 10 ans après le 11 mars 2011
CRCAO (Université de Paris), et IFRAE (Inalco)
En ligne - http://www.crcao.fr/spip.php?article1557

16 Mars 2021 | 9.15 - 16.30 (France) | 17.15 - 0.30 (Japon)
Penser Fukushima : Ruptures et continuités de la catastrophe
Fondation France-Japon de l'EHESS
En ligne - http://ffj.ehess.fr/upload/Actualites/Events/2021/2021-01-25_Colloque%20Penser%20Fukushima.pdf

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2021年4月 9日

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30