Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2012年3月19日(月)のイベント

激動の時代に文学は何ができるのか?

[ 一般公開講演会 ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2012年03月19日(月) 18:00
場所: 1階ホール
講演者: タハール・ベン=ジェルーン (作家)




  • ディスカッサント:私市正年(上智大学)

  • 講演要旨:
    文学の限界について語ることから講演は始まるだろう。かつて、どんな本も社会を変えることはなかった。政治や経済の状況は一作家の力の及ぶところではなく、変えることはできない。しかし、沈黙やあきらめは状況をますます不幸かつ危険なものにしかねない。だからこそ作品を世に送ることは重要なのである。
    演題にある激動という言葉は、いわゆる「アラブの春」に関係がある。シリアやリビア、エジプトの現状を見る限り、この春は血まみれの冬へと移行しつつある。
    アラブ世界で何か起きたのか、そしてアラブ諸国の将来について話したい。これらの国々では尊厳と自由の価値を樹立するべく抗議と抵抗が続いている。長く、至る所に陥穽がある道のりだが、後戻りはできない。
    作家の役割とは何だろうか。注意深く積極的でもある証言者、扇動者、そして可能であれば激動のさなかで当事者となることである。
    簡単に言えば、文学はさして役には立たないかもしれないが、かつてないほどに必要とされているのである。

  • 協力:東京日仏学院

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2012年3月19日