Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2011年7月のイベント

自然と文化の通態:和辻風土論と今西進化論を出発点に

[ 一般公開講演会 ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2011年07月04日(月) 18:00
場所: 1階ホール
講演者: オギュスタン・ベルク (フランス国立社会科学高等研究院)
  • 講演要旨:
    和辻哲郎の人間界についての説とヤーコプ・ヨハン・フォン・ユクスキュルの動物界についての説には驚くべき相似性がある。和辻が「風土」と「自然環境」を区別しなくてはならないことを示しているように、ユクスキュルは生物の一つの種にとって存在する周囲の世界である「環世界」(Umwelt)と、科学が把握するような環境的与件である「環境」(Umgebung)とを区別しなければならないとする。「風土」あるいは「環世界」は「環境」のように普遍的ではなく、一般的に生物であろうと、あるいは特に人間であろうと、一つの主体がいかに個別的に環境を解釈するかの結果である。この解釈は偶然的で、人類の諸文化の時間の広がり(いわゆる歴史)または生物の時間の広がり(進化)から見ても、その歴史は常に特異なものである。そこにおいては、主体(文化、生物の種)とそれを取り巻く周囲とが互いに作用し合う。すなわち特異なロジックの相互関係、「通態性」(trajectivité)が存在するのである。それは進化に関する諸理論において支配的な機械論的思考におけるように単なる因果関係に還元できるものではない。

  • 講師プロフィール:
    地理学者、東洋学者、フランス国立社会科学高等研究院教授。人間社会の自然に対する関係についての著作多数。中でも Être humains sur la Terre. Principes d’éthique de l’écoumène (Paris, Gallimard, 1996) があり、最新の著作には Histoire de l’habitat idéal. De l'Orient vers l'Occident (Paris, Le Félin, 2010) および Milieu et identité humaine. Notes pour un dépassement de la modernité (Paris, Donner lieu, 2010) がある。現在、共同研究プロジェクト « Histoire naturelle et histoire humaine »(自然の歴史と人類の歴史)が進行中である。

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

フランスにおける原子力危機管理

[ 一般公開講演会 ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2011年07月06日(水) 18:00
場所: 1階ホール
  • PDF版開催案内

  • オリヴィエ・イスナール(フランス放射線防護・原子力安全研究所[IRSN])
  • ブリュノ・セサック(フランス放射線防護・原子力安全研究所[IRSN])

  • 共催:在日フランス大使館
  • 英語による講演(通訳なし)

  • 講師プロフィール:
    オリヴィエ・イスナールはリヨンのエコル・サントラル卒で、流体力学博士。ブリュノ・セサックはナンシー国立高等農学校卒の農学エンジニア。両名とも10年以上も前から危機管理分野で働き、現実に起きた危機的状況に取り組んだ経験をもつ。
  • 講演要旨:
    放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)の原子力危機管理の専門家、オリヴィエ・イスナールとブリュノ・セサックが、フランスで原子炉で事故が起きた場合、設置されることになっている国の危機対策組織を紹介する。講演では、このような状況に直面した際、緊急時や事故後に必要とされる物資、人手、方法、機器類についても説明。

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント 次月のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2011年7月

« 2011年7月 »

          1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31