Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

ラウンドテーブル

マンガ、バンド・デシネ:日仏翻訳と受容
-アングレーム国際漫画祭と小西財団漫画翻訳賞をめぐって-


使用言語:日本語 (同時通訳付き)
日時: 2018年09月29日(土) 18:00〜20:00
場所: 1階ホール
講演者: ティボー・デビエフ(翻訳家)、原正人(翻訳家)、夏目房之介(学習院大学)、フレデリック・トゥルモンド(トゥルモンド・プロダクション)

※定員に達したため、お申し込みを締め切らせていただきました。


毎年1月末に開催されているアングレーム国際漫画祭は、ヨーロッパ最大のバンド・デシネのフェスティバルで、今年で第45回を迎えた。今回は、マンガ・パビリオンが設営されたほか、手塚治虫、浦沢直樹、真島ヒロという3名の日本人漫画家の展覧会が開催され、初めてマンガが大々的に取り上げられた。また、小西国際交流財団が主催する漫画翻訳賞の第1回グランプリが発表され、フランスのマンガブームを影として支える翻訳者の功績を称えた。
マンガは、今や、日本の現代文化の魅力を発信する最も有効な手段の1つであり、世界中で人気を博し、評価されている。しかしながら、それらの翻訳作業は謎に包まれたままで、翻訳者の役割の重要性も十分に認識されていない。当座談会では、マンガのフランスでの受容の歴史をたどりながら、その国際的な影響力を再認識するとともに、マンガ翻訳者の実際の翻訳作業について明らかにする。他方、近年は日本でもフランスのバンド・デシネが多く読まれるようになってきたことから、日本におけるバンド・デシネの受容と翻訳についても取り上げ、日仏両国の状況を比較したい。

【司会】坂井セシル(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】小西国際交流財団、日仏会館・フランス国立日本研究所
【後援】日本国外務省、在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本
日本語、同時通訳

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > マンガ、バンド・デシネ:日仏翻訳と受容 -アングレーム国際漫画祭と小西財団漫画翻訳賞をめぐって-

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 26
27 28 29 30 31    

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)