Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

フランスの地理学と世界とのつながり


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2018年04月19日(木) 18:30〜20:30
場所: Room 601
講演者: ナタリー・ルマルシャン(パリ第8大学、国際地理学連合副議長)

Lemarchand.JPG

フランスの地理学は偉大な学者を輩出してきた。“フランス地理学派”の創始者であるポール・ヴィダル・ド・ラ・ブラーシュ、エマニュエル・ド・マルトンヌ、ジャクリーヌ・ボナムール、ジャクリーヌ・ボージュ=ガルニエ、また、最近では文化地理学のポール・クラヴァル、メディアンス(風土性)研究のオギュスタン・ベルク、モデル化に関する研究のドゥニーズ・ピュマンなどの名が挙げられる。彼らが今日の知名度を獲得したのは、その研究はもちろんのこと世界的なネットワークを構築したことによる。地理学における知を世界に向けて発信しただけでなく、対話を重ねることで研究の価値を高めたのである。1922年に創設された国際地理学連合(UGI)はそのような対話と討論を可能にする場のひとつであり、地理学の多様性と様々なアプローチを示している。本講演ではUGIにおけるフランス地理学の役割を検討しつつ、フランス地理学と世界とのつながりを考える。

プロフィール
ナタリー・ルマルシャンはパリ第8大学地理学教授、社会推進/空間再構築(LADYSS)研究所(パリ)副所長。商業、消費、空間開発の関係学を専門とする。また、国際地理学連合副議長も務めている。

【司会】ソフィー・ビュニク(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > フランスの地理学と世界とのつながり

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 20 21 22
23 24 25 27 28
30            

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)