Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

フランス国王の戴冠式


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2023年12月09日(土) 18:00〜20:00
場所: 601号室
講演者: パトリック・デュムイ(ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学名誉教授)

8世紀半ばにフランク王国に登場した王の戴冠式は、聖書にそのモデルを見出すことができ、王の権力の神聖な起源を意味し、その正当性と個人の不可侵性を強調するものであったはずである。式典の儀礼と王に与えられた記章は、13世紀まで徐々に豊かになっていった。多くのシンボルが盛り込まれ、自警団、戦士としてだけでなく、王国の繁栄の保証人としての役割も強調された。なぜなら、当時の王は、神と神に託された民との間の仲介者であったからである。

この講演会では、中世に書かれたテキストやフランスの博物館のコレクションに収められた多くの画像をもとに展開される。

2022 06 23 POURNY Michel   portrait.JPG

パトリック・デュムイは中世専門の歴史学者、ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学名誉教授。1951年ランス生まれ。1968年ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学入学。1973年に歴史学教授資格を取得し、2016年に退職するまで講師、准教授、教授として教鞭を執る。故郷のランス・ノートルダム大聖堂が生涯の研究のきっかけとなる。記念碑とイコノグラフィーを研究し、数々の著作を上梓し、2010年にはコレクション『La Grâce d'une cathédrale(大聖堂の恩恵)』(ストラスブール, ラ・ニュエ・ブルー出版, 544 p.)の統合を監修。2011年にはランス・ノートルダム大聖堂築800周年の国際シンポジウムを開催。他方では、11世紀と12世紀の大司教の憲章を収集し(博士号論文, 1982; 拡大版は準備中)、2000年には、2005年に出版された『11世紀と12世紀のランス大司教とその教会』(ラングル, ドミニク・ゲニオ著, 814 p.)に関する論文を書き上げ、フランス学士院碑文・美文アカデミーにおける審査の結果、ゴベールグランプリを受賞した。さらに、国王の戴冠式へと関心が広がり、豊富な図解付き要約を2016年に出版((ストラスブール, ラ・ニュエ・ブルー出版、2016、288 p.)。一方で、シャンパーニュ地方のブドウとワインの歴史、地域の遺産と歴史にも数多くの作品を捧げ、地方および国レベルでの学術社会に大きく貢献している。

【講師】パトリック・デュムイ(ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学名誉教授)
【司会】リュック・トプナス(リヨン大学)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

【重要】公益財団法人日仏会館への電話のお掛け間違いにご注意ください。
弊研究所と公益財団法人日仏会館とは別組織です。誤って弊研究所のイベントのお問い合わせをされる事例が多数発生し困っております。
弊研究所では、お問い合わせは原則メールのみの対応とさせていただいております。また、イベントについてはHPを、メール不着についてはメールの設定をまずはご確認いただけましたら大変助かります。
弊研究所は最少人数でなんとか無料イベントの運営を続けている状況です。ご理解、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせメールアドレス:
03-5421-7644(水曜14時〜18時/来客等で応答出来ない場合もあります)
03-5421-7641(木曜14時〜18時/来客等で応答出来ない場合もあります)

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > フランス国王の戴冠式

2024年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11
12
13
14 15
16
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2024年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31