Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

建材資材の採掘と生産:見えない地理学の社会的課題


使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2022年10月20日(木) 18:00〜20:00
場所: オンライン
講演者: アンドレア・ウルシマ(京都精華大学)、長坂健司(東京大学)、リーズ・セラ(レユニオン大学)

こちらのイベントは、Zoomを使って行います。

お申し込みはこちら
お申し込みご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。


メールの案内に従いイベントに参加してください。
(お申し込みの際にメールアドレスを誤まって登録すると、招待メールが届きませんのでよくご確認ください。)

参加方法についての詳細はこちらをご覧ください:https://zoom-support.nissho-ele.co.jp/hc/ja/articles/360023978951-ウェビナーに参加-参加者-

Photo 3.jpg

kitayama, juillet 2022, par Andrea URUSHIMA

アンドレア・ウルシマ
サンパウロ大学を卒業した建築家。都市計画を専門とする。ブラジルでの実務経験を経て日本へ渡り、京都大学大学院人間環境学研究科博士課程を修了した。建築環境におけるシステム的相互作用を含む、都市と人間環境の形成過程を研究している。

長坂 健司
東京大学助教。専門は森林政策、木材製品マーケティング。日本における木造多層建築の環境、経済、社会的影響の測定に重点を置き、建築と計画における木材の利用を改善することを目指している。

リーズ・セラ
建築家。専門は都市計画、都市開発。パリ・ナンテール・ラ・デファンスで都市と建設現場の関係についての論文を発表した。建設資材の流通、都市と建築の境界線に関する研究を行う。建築物の設計や購入に際しての選択の根拠となる知識を問い、建築物のグローバル化と、その中の各個人の位置づけを批評的な視点で捉える。

【司会】ラファエル・ランギヨン(日仏会館・フランス国立日本研究所)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

【協力】在日フランス大使館科学技術部

【後援】JAPARCHI日本の建築、都市及び風景に関するフランス語系研究者の学術ネットワーク



* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 建材資材の採掘と生産:見えない地理学の社会的課題

2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7
8
9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26
27
28 29
30
 

2022年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19
20
21 22
23 24 25 26 27 28
29
30 31