Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

日本学研究誌『Ebisu』第59号マチュー・カペル監修「鏡の映画:日本映画の40年(1980年〜2020年)」記念イベント

「世界の中の日本映画─フランスの視点から」:最終日


(通訳付き)
日時: 2022年06月17日(金) 13:30〜21:00
場所: アテネ・フランセ
講演者: 相澤虎之助(脚本家・映画監督)、マチュー・カペル(東京大学)、ファビアン・カルパントラ(横浜国立大学)、ディミトリ・イアンニ(「キノタヨ映画祭」選考委員長)、木下千花(京都大学)、塩田明彦(映画監督)、富田克也(映画監督)、横田ラファエル(国立東洋文化学院博士課程)

日仏会館・フランス国立日本研究所発行の雑誌『Ebisu』2022年59号は「鏡の映画たち:日本映画の40年(1980年〜2020年)」をテーマにフランスをはじめ、気鋭の外国人研究者たちが寄稿しています。本号発刊を記念し、世界、フランスの視点から1980年代から現在までの日本映画を考察すべく、日仏の映画研究者、そして塩田明彦、富田克也、相澤虎之助ら日本映画を担う優れた監督、脚本家を迎えた講演会、ディスカッション、そして関連作品の上映を開催します。

Ebisu59_2022_couverture-ConvertImage.jpg
「1980年頃、映画界は20年前に始まった変化の過程を終えました。つまり映画界を構成していたスタジオシステムは崩壊し、新しい俳優たちや、新しい体制へと移行してきました。しかしながら、この時代の映画作家は奇妙なパラドックスの犠牲者と言えるでしょう。たしかにビデオやデジタルツール、データベースやインターネットが普及した現在、彼らの作品は先験的に前例のない可視性を享受しています。しかし海外での理解はまだ断片的であり、その論理や問題意識を理解するのは容易くありません。『Ebisu』2022年4月号では、日本映画の過去40年間を2部構成で再考することを提案しています。第1部では、この「ポストスタジオ」時代における製作、配給、創造の様式とその進化を考察し、第2部では、映画批評において重要な存在である蓮實重彥氏に焦点を当てています。」マチュー・カペル


上映作品(製作年代順)

『江戸川乱歩の陰獣』加藤泰(1977/35㎜/117min.)
『皇帝のいない八月』山本薩夫(1978/35㎜/140min.)
『ラブホテル』相米慎二(1985/35㎜/88min.)
『愛について、東京』柳町光男(1993/35㎜(英語字幕版)/113min.)
『鏡の女たち』吉田喜重(2002/35㎜/129min.)
『カナリア』塩田明彦(2004/35㎜/132min.)
『パンク侍、斬られて候』石井岳龍(2019/DCP/131min.)
『典座―TENZO』富田克也(2019/60min.)ほか


登壇者 (アルファベット順)

相澤虎之助(脚本家・映画監督)
マチュー・カペル(映画研究者/東京大学准教授)
ファビアン・カルパントラ映画研究者/横浜国立大学准教授)
ディミトリ・イアンニ(映画研究者/「キノタヨ映画祭」選考委員長)
木下千花(映画研究者/京都大学教授)
塩田明彦(映画監督)
富田克也(映画監督)
横田ラファエル(映画研究者/国立東洋文化学院博士課程)
司会:坂本安美(アンスティチュ・フランセ日本映画プログラム主任)


スケジュール

6/11(土)

14:00 『江戸川乱歩の陰獣』
16:30 『カナリア』
19:00 オープニングトーク「ポストメジャースタジオ時代の日本映画を考える」
ゲスト:塩田明彦、マチュー・カペル

6/13(月)

16:15 『パンク侍、斬られて候』
19:00 『愛について、東京』

6/14(火)

14:45 『ラブホテル』
16:45 『パンク侍、斬られて候』
19:00 講演「動画配信サービスは日本の映画製作にどのような影響を及ぼすか?」
ゲスト:横田ラファエル

6/15(水)

15:00 『愛について、東京』
17:30 『ラブホテル』
19:00 講演「日活ロマンポルノにおけるプロデューサーの役割と軌跡」
ゲスト:ディミトリ・イアンニ

6/16(木)

14:30 『炎と女』
16:45 『鏡の女たち』
19:00 トーク「歴史・記憶・女性像」
ゲスト:木下千花、マチュー・カペル

6/17(金)

13:30 『皇帝のいない八月』
16:00 講演「多中心的世界におけるプロパガンダ活動としての『自衛隊協力映画』」
ゲスト:ファビアン・カルパントラ
18:00 『典座―TENZO』
19:10 クロージング・トーク「2020年以降の日本映画の展望」
ゲスト:富田克也、相澤寅之助、マチュー・カペル、ファビアン・カルパントラ


主催:映画美学校/アテネ・フランセ文化センター/アンスティチュ・フランセ日本/日仏会館・フランス国立日本研究所

協力:松竹株式会社、東映株式会社、日活株式会社、現代映画社、オフィス・シロウズ、プロダクション群狼、空族

詳細はこちら:https://www.institutfrancais.jp/tokyo/agenda/cinema20220611/

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 「世界の中の日本映画─フランスの視点から」:最終日

2022年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8
9
10
11 12 13 14
15
16
17
18
19
20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11
12
13 14
15 16 17 18
19
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31