Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

18世紀のフランス植民地における帝国警察の変容?
―フランス領フランス島(モーリシャス)のポール=ルイ警察署、1766年~1790年―  

[ 講演会 ]

日時: 2019年01月14日(月) 14:00~17:30
場所: 601 会議室
講演者: カトリーヌ・ドニ(リール大学)

表紙.jpg



カトリーヌ・ドニ氏はフランスに生まれ、現在、リール大学教授として歴史学(フランス近世史)を担当している。専門は18世紀フランスの警察で、カトリーヌ・ドニ編『警察の交流 1750年~1914年』(リール大学出版会、2012年)、共編『帝国の警察 18-19世紀』(レンヌ大学出版会、2012年)などの業績があり、『The Oxford Handbook of the History of Crime and Criminal Justice』(2016年)の「第4章 犯罪の地理:都市・農村環境」も執筆している。警察を単なる国家の道具としてではなく、住民や共同体による社会的調整も含める立場から、主にフランスと18世紀の“ベルギー”の町における警察を対象にしてきた。近年は18世紀モーリシャス島の植民地警察についても研究を始めており、本講演ではその成果を話していただく。

photo.jpg



プログラム
14:00~14:10 開会の挨拶(早稲田大学:谷口眞子)
14:10~15:40 カトリーヌ・ドニ(リール大学)
i>« Un tournant policier impérial dans les colonies françaises au XVIIIe siècle ?
 Le bureau de police de Port-Louis à l’île de France, 1766-1790 »
18世紀のフランス植民地における帝国警察の変容?
―フランス領フランス島(モーリシャス)のポール=ルイ警察署、1766年~1790年―
   (翻訳付き)
15:40~16:00 休憩
16:00~17:30 討論(逐次通訳付き)

【主催】2018年度特定課題研究(早稲田大学)「越境する軍事史―19世紀を中心とした人と学知の交流」
【共催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【使用言語】フランス語・日本語(翻訳・逐次通訳付き)



20190114「18世紀フランス植民地における帝国警察の変容?」ポスター.jpg

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 18世紀のフランス植民地における帝国警察の変容? ―フランス領フランス島(モーリシャス)のポール=ルイ警察署、1766年~1790年―  

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)