Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

包括的な科学史を構築する : 問題と提案


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2016年12月14日(水) 18:30〜20:00
場所: 601号室
講演者: カピル・ラジ(フランス国立社会科学高等研究院)
RAJcouvlivre.jpg

一世紀前に誕生して以来、科学史は総じて人間を包括した普遍的な歴史であり、人間の進歩を俯瞰する唯一の歴史であることを目的としてきた。しかしながら、この目的は早くもヨーロッパ中心になり、ヨーロッパから世界に向けた学問の普及が普遍化のための唯一のメカニズムであるとされた。本講演会では、このアプローチの限界を示すと共に、包括的な科学史を構築するために一般的に進められているアプローチを紹介し、近年の相関的歴史に基づく循環アプローチの概観を提示する。

【講師】カピル・ラジ(フランス国立社会科学高等研究院)
【司会】坂井セシル(日仏会館・日本研究センター)
【主催】日仏会館フランス事務所
【協力】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

9780230507081.jpg

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 包括的な科学史を構築する : 問題と提案

2020年2月

           
1
1
2 3 4 5
6
7 8
9
10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25
26
27
28
29

2020年3月

1
2
3 4 5 6
7
8 9 10 11 12
13
14
15 16
17
18
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2020年のイベント案内(PDF版)

2019年のイベント案内(PDF版)

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)