Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

三菱一号館美術館ヴァロットン展関連講演会

ヴァロットン―冷たい炎の画家

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2014年06月15日(日) 14:00 - 16:00
場所: 1階ホール
講演者: マリナ・デュクレ (フェリックス・ヴァロットン財団名誉学芸員)
ボール small.jpg
フェリックス・ヴァロットン《ボール》1899年、油彩/板に貼り付けた厚紙、48×61 cm、パリ、オルセー美術館蔵

【プロフィール】
マリナ・デュクレは、1981年以来、フェリックス・ヴァロットンの生涯とその作品の研究を続けている。ローザンヌにあるポール・ヴァロットン・ギャラリーで活動を開始し、1998年以降はフェリックス・ヴァロットン財団に在籍。2005年には名誉学芸員となっている。これまでに、スイス、フランス、ドイツ、アメリカ合衆国などで開かれた展覧会を手がけ、2005年には詳細な注釈を付けた3巻組の作品集を刊行。同年にフランスの芸術文化勲章を授与されている。今回の「冷たい炎の画家」展は、皮切りのパリのグラン・パレ(2013年10月〜2014年1月)で30万人の入場者を記録。その後、アムステルダムのヴァン・ゴッホ美術館(2014年2月〜5月)でも好評を博し、2014年6月から東京で開催の運びとなった。

【趣旨】
本講演では、フェリックス・ヴァロットンの生涯とその作品に焦点をあてる。
ヴァロットンは1865年にスイスのローザンヌで生まれ、1900年にフランスに帰化。2つの国籍を持ち、1925年にパリで没している。
16歳でパリに移住したヴァロットンは、木版画や挿絵によって、その名前を知られるところとなる。生涯にわたり精力的な創作活動を続け、1700枚の絵画、200枚の版画、無数のデッサンや挿絵、彫刻や美術書、さらには3冊の小説、戯曲、30あまりの美術批評を残した。
多才で多産なヴァロットンの足跡を、豊富なスライドとともにご紹介いたします。

ヴァロットン展


【司会】 三浦篤(東京大学)

【共催】 三菱一号館美術館、日仏会館フランス事務所、日仏美術学会
【後援】 在日スイス大使館
150_E-J_L_RGB.jpgのサムネール画像

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > ヴァロットン―冷たい炎の画家

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17
18
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31