Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

『スワン家のほうへ』(1913)刊行100周年記念講演会

プルースト ー 緩慢礼賛

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2013年10月31日(木) 18:30 - 20:30
場所: 601号室
講演者: エリック・ファイユ (作家)
pro_002_01.jpg
マルセル・プルースト、『スワン家のほうへ』
1913年3月31日〜6月11日まで、添削のための張り紙
フランス国立図書館所蔵


【講師プロフィール】
エリック・ファイユ氏は、1963年生まれ。カフカ、イスマイル・カダレ、フィクションと全体主義などに関する評論のほか、中篇小説、長篇小説を発表。『私は灯台守』で1998年のデゥ・マゴ賞、『ナガサキ』にて2010年のアカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞。

【要旨】
プルーストにおける緩慢を礼賛するのは、はかない時代、「読み捨て本」と言われるものが幅を利かせる時代になればなるほど、書斎にプルーストを備えているのがますます大きな救いになるからである。読者としてはもとより、だが作家としても、私はそう言いたい。「ウサギとカメ」の寓話にたとえるなら、プルーストはカメである。双肩に家を背負いながら、それでも遅れず、最初に到着する。プルーストは時間をかける。いわば「長距離ランナー」であり、スプリンターではない。ある意味、プルーストはお手本である。この作家は、私見によれば、フランス語の潜在的喚起力を最大限に引き出すことによって、ある詩的世界、ある雰囲気を醸し出すという快挙を成し遂げたのであり、私の考えでは、小説が発揮できる根本の力はそこにあるのだ。

【ディスカッサント】 吉川一義(京都大学)
【司会】 クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所)

【共催】 日本フランス語フランス文学会、日仏会館フランス事務所

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > プルースト ー 緩慢礼賛

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7
8
9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
30
 

2022年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31