Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

連続講演会「日仏における考古学と埋蔵文化財」

日仏における考古学の言葉と物

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2013年06月21日(金) 18:30 - 20:30
場所: 601号室
【連続講演会の概要】
日仏会館・フランス国立日本研究センターは、考古学と文化財にまつわる言説や実践と歴史に関する日仏プロジェクトを企画しており、その一環として2013年の秋から<日仏における考古学と埋蔵文化財>関連の講演会シリーズを予定しています。

このシリーズは2013年6月の初回を予備講演とし、プロジェクト全体の理論的な枠組みや、欧州と日本の考古学における「考古学のモノと言葉」(すなわち科学とイデオロギー)について論じます。その後3ヶ月おきに講演会を行い、その度に、考古学、その歴史、考古学という分野の構造、または昔や現在の考古学の目的、グローバリゼーションと国民アイデンティ ティの再構築が促進されつつある現在において考古学がどのような難問に直面しているかなど、明確な課題についてフランスと日本の専門家たちが交流し、対話できる空間を提供することを目的としています。

【趣旨】
学術的な考古学は、国民国家が設置した大学組織によって、19世紀のヨーロッパや日本で形成された。層位学や型式編年学という新しい手法を用いた学問分野ではあったが、それは古くからある好古趣味の流れを汲み、それまで数世紀にわたる過去に対する思索をも引き継いでいた。また、考古学は、その初期から、「想像された国民」という言説にも共鳴し、国民国家の民族的・領土的な裏付けにも役立ってきた。本講演では、ヨーロッパと日本における近代考古学の成り立ちについて考えながら、人間集団の過去のルーツを利用してきた考古学の言葉と物について検討してみたい。

【発表者】
ロラン・ネスプルス(日仏会館、フランス国立日本研究センター)
アルノ・ナンタ(日仏会館、フランス国立日本研究センター)

【ディスカッサント】 坂野徹(日本大学教授)

【司会】 クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所)

【主催】 日仏会館フランス事務所
【協力】 大阪大学、日本大学経済学部
【後援】 日仏美術学会、日本遺跡学会、日本イコモス国内委員会、日本考古学協会

※ 第二回講演会はジャン=ポール・ドムール(国立考古学緊急調査研究所INRAP元所長)、坂井秀弥(奈良大学教授)、 稲田孝司 (岡山大学名誉教授)が「戦後から現在に至るまでの考古学の歩み:日仏比較から見た考古学の研究機構、研究政策、社会評価」(仮題)について対談。2013年10月26日(土)16:00~18:00、日仏会館一階ホールで開催されます。

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 日仏における考古学の言葉と物

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11
12
13
14 15 16 17 18 19 20
21
22
22
23 24
25
26 27
28 29 30        

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31