Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

19世紀フランスの歴史画家ギュスターヴ・モローの魅力

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2013年09月08日(日) 14:00 - 15:30
場所: 1階ホール
講演者: マリー=セシル・フォレスト (ギュスターヴ・モロー美術館館長)

※ 満員につき、お申し込みは終了いたしました。


【講演者略歴】
リオンで美術を学ぶ。
1992年-2001年 ブロア城とブロア美術館の学芸員に任命され、数々の展覧会を企画。
1994年 「ブロア ロアール川の正面階段席」展 
1996年 「ジャック・フェリックス・デュバン 建築家の色彩」展
1997年 「ロマン派の彫刻家 オーギュスト・プレオー」展
1998年 「ターナー ロアールの旅路 」展、「ブロアでのフランソワ・マンサール」展、「アートと犯罪」展
1999年 「メディシスの宝物」展
1995年 著書『フランスの真鋳製品1900-1950』刊行(日本では未刊行) 
2000年 フランス美術史委員会よりフォシオン奨学金が授与され、米国イェール大学留学
2001年6月 ギュスターヴ・モロー美術館の学芸員に任命
2002年4月 同美術館館長に就任。以来、数々のギュスターヴ・モローを中心とした展覧会のコミッショナーとして活躍
2003 年 「ギュスターヴ・モロー美術館の神話とキマイラの水彩とデッサン」展企画.(パリのロマン派美術館で開催)
2004年 「ギュスターヴ・モロー 夢の風景」展企画(ブルコン・ブレス王立修道院、ランス美術館で開催)
2006年 「ギュスターヴ・モロー オリエントの夢」展企画(マドリードのマプレ・ヴィーダ財団で開催)
2005年 「ギュスターヴ・モロー」展 日本での巡回展企画(島根県立美術館、兵庫県立美術館、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催)
2007年 初のモロー美術館内での展覧会「ユイスマンス-モロー夢幻的ヴィジョン」を企画
2009年 「ギュスターヴ・モローと神話の土地」展コミッショナー(ブタペストのボザール美術館で開催)、ギュスターヴ・モロー美術館の主要デッサンカタログ制作責任者
2010年 「蝋の人物像」展企画担当(ギュスターヴ・モロー美術館で開催) 

【要旨】
ギュスターヴ・モロー(1826 - 1898)は、生涯を通して自分の肩書きを「歴史画家」として主張していました。彼の作品の主題は、聖書と神話の中から取り上げられています。またその一方で、キマイラのようなモローならではの主題も考え出しています。そういった主題は、ロマン派の画家に続いて、才能のクイーンのようにイマジネーションの大切さを主張しています。ギュスターヴ・モローは、彼の作品や、1892年から始まったエコール・デ・ボザールでの教育を通じて、古典的な美術と20世紀のアートの、まさに架け橋となった人であり、それは彼自身の次の言葉にも象徴されています。
「あなたが渡ろうが渡るまいが、私は一つの橋なのです。」

【挨拶】 三浦篤(日仏美術学会)
【紹介】 後藤新治(西南学院大学)
【司会】 クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所)

【主催】 公益財団法人日仏会館、日仏会館フランス事務所、パナソニック汐留ミュージアム
【後援】 日仏美術学会

【参加費】
一般:1.000円、学生:500円
(日仏会館会員:無料)
※ 講演会への参加には、9月7日(土)よりパナソニック汐留ミュージアムで開催される「モローとルオー:聖なるものの継承と変容」展の入場無料招待券が含まれます。


Moreau_et_Rouault_flyer.jpg

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 19世紀フランスの歴史画家ギュスターヴ・モローの魅力

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31