Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Institut français de recherche sur le Japon à la Maison franco-japonaise (Umifre 19, MEAE-CNRS)

Langue:JA / FR


Agenda

「原作者と翻訳者 対話と朗読」

[ 討論会 ]

en japonais sans traduction
Date samedi 17 juin 2023 / 15:00~16:30
Lieu 601号室
Conférencier 古川日出男(小説家)、パトリック・オノレ(翻訳家)

現代日本の最重要の作家のひとりである古川日出男と、日本文学の翻訳をリードするパトリック・オノレが、原作者と翻訳者という立場から、日本語と日本文学の特質をめぐる対話を行います。それに加えて日仏2言語による、原作者と翻訳者の作品朗読も。他では体験できない<声>が生まれる現場に、ぜひ立ち会ってください。

23-06-17_古川 copie.jpg古川日出男(ふるかわ・ひでお)
現代日本の代表的小説家のひとり。『LOVE』で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』で読売文学賞など、数々の受賞歴をもつ。『聖家族』から『おおきな森』にいたるギガ・ノベルとも呼ばれる大作群により、つねに日本と日本語の歴史の全体を相手どる、旺盛な創作活動をつづける。『平家物語』の現代語訳も高い評価を得ている。朗読パフォーマンスの圧倒的な力強さは、いまや世界各国で注目の的。2022年、初の詩作品『天音』を発表。


23-06-17_Patrick Honoré.jpegパトリック・オノレ
日本文学のフランス語訳における第一人者。夢野久作、内田百閒から江國香織、綿矢りさまで、100冊以上の作品を訳してきた。谷口ジローをはじめマンガの翻訳でも他の追随を許さない。古川日出男作品では『サウンドトラック』『ベルカ、吠えないのか?』『馬たちよ、それでも光は無垢で』『平家物語 犬王の巻』を訳している。今回のイベントのためには特別に『天音』の部分訳を準備。


【司会】管啓次郎
明治大学<総合芸術系>教授。詩人、比較文学者。英語、フランス語、スペイン語からの翻訳多数。古川日出男とは東日本大震災のあと朗読劇『銀河鉄道の夜』を制作し、各地で上演してきた。

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所、明治大学理工学研究科・総合芸術系

(Le nombre de participants est limité, si vous ne pouvez pas venir, merci de nous contacter pour annuler.)

* L'accès aux manifestations de la MFJ est gratuit (sauf mention contraire), mais l'inscription préalable est obligatoire.
Merci de vous inscrire depuis la page Agenda de notre site web.
Dans le cadre des mesures de sécurité renforcées, une pièce d'identité sera demandée à l'entrée.

« précédent suite »

Accueil > Agenda > 「原作者と翻訳者 対話と朗読」

mai 2024

DIM LUN MAR MER JEU VEN SAM
      1
2
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16
17
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27
28
29 30 31  

juillet 2024

DIM LUN MAR MER JEU VEN SAM
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31