Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

現代アート「家縛りプロジェクト」について考える


使用言語:日本語 (通訳なし)
日時: 2018年04月07日(土) 15:00〜17:00
場所: 1階ホール
講演者: 村田真(美術ジャーナリスト)、レミ・スコシマロ(日仏会館・フランス国立日本研究所)、山内志朗(慶應義塾大学)、松本春崇(アーティスト)、角田良江(hmp)

【司会】澤田直(立教大学)
cordagesphoto.jpg

家を縄で十字に縛る家縛りプロジェクト。縄の形を「家庭の美学」によって形作り、縄の記憶と痕跡を残した作品を制作している。今回、美術ジャーナリストの村田真氏、哲学・倫理の研究者である山内志朗氏、都市論を専門とするレミ・スコシマロ氏を迎え、家縛りプロジェクトをおこなっている松本春崇(アーティスト)と角田良江(コラボレーター)とともに、家を縛る芸術について議論する。


【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【後援】在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本
【助成】公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

4月7日(土)〜19日(木)、2階ギャラリーにて「縄文式アッサンブラージュ 東京-ボルドー」展を開催します。
11時〜19時、月曜休み、入場無料

Flyer180309.jpg

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 現代アート「家縛りプロジェクト」について考える

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19
20
21 22 23 24
25 26 27 28 29
30
31

2020年11月

1 2 3 4
5
6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30          

2020年12月

    1 2 3
4
5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31