Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


雑誌『EBISU』 / 刊行物

新刊, 研究業績


フランス革命と明治維新

刊行年 :
2018/12
価格 :
¥2400
€ -
著者 : 遅塚忠躬 、福井憲彦 、三谷博、三浦信孝、ピエール・セルナ、柴田三千雄、ピエール=フランソワ・スイリ、渡辺浩
出版社 : 白水社
ISBN : 9784560096666
日仏討論会「明治維新を考える-明治維新とフランス革命」(2018年6月30日 日仏会館にて開催) が書籍化されました。

三浦信孝、福井憲彦(編著)、『フランス革命と明治維新』、東京、白水社、2018年、234頁。

暴力なき革命は可能か? 日仏の世界的権威がフランス革命と明治維新の新たな見方を示し、これからの革命のあり方を展望する。

明治維新について考えることがフランス革命を考えることにつながり、またフランス革命について考えることが明治維新について考えることにつながる──かつてそんな時代があった。
研究の進展と情勢の変化はこの結びつきをいつしか自明とはしなくなった。そして世代が経過するとともに、二つの革命を結びつけて考えていた時代の記憶は失われてしまった。
フランス革命史研究における正統派と修正派の論争、日本資本主義論争から戦後歴史学の展開を振り返ることによって、本書はフランス革命と明治維新を考えることが結びついていた時代の記憶を改めて提示したい。その後の研究の進展は、この布置を理解して初めて可能になる。
本書に収録した柴田三千雄と遅塚忠躬の幻の論考「日本の歴史学におけるフランス革命像」はこの問題を鮮やかに浮き彫りにしてくれる。
加えて、ピエール・セルナ、三谷博、渡辺浩、ピエール=フランソワ・スイリ、そして三浦信孝と福井憲彦の日仏の権威がフランス革命と明治維新の新たな見方を提示し、これからの革命のあり方を展望する。暴力なき革命は果たして可能か? マルクスには見えなかったものとは何か? 明治維新150年の記念碑。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.hakusuisha.co.jp/book/b383239.html

ホーム > 雑誌『EBISU』 / 刊行物 > 新刊, 研究業績 > フランス革命と明治維新