Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2020年12月11日(金)のイベント

ポール・クローデルの日本の世紀


使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2020年12月11日(金) 18:00〜20:00
場所: 1階ホール
講演者: ミシェル・ワッセルマン(立命館大学)

こちらのイベントは、Zoomでの開催に変更になりました。
参加申し込みの際に登録いただいたメールアドレスに、イベント当日の8時までに招待メールをお送りします。
メールのなかのリンクをクリックし、イベントに参加してください。
(お申し込みの際にメールアドレスを誤まって登録すると、招待メールが届きませんのでよくご確認ください。)
参加方法についての詳細はこちらをご覧ください:https://youtu.be/p2x9hh8Vo2k

伝説となったポール・クローデルの駐日大使在任時(1921年~1927年)から、2つの文化施設が残っている。彼は、フランス外務省から日仏会館の設立計画を命じられ、これを1924年に実現したが、予算の分散や競合を懸念していたフランス政府に、政治的に望ましいと考えていた関西日仏学館を設立させようと意欲的に行動した。クローデルは、日仏会館の初代館長であるインド学者のシルヴァン・レヴィとの記念すべき論争(1927年)で勝利し、その75年後に、関西日仏学館の跡地に、クローデルの時代に創設された2国間財団日仏文化協会が京都にフランス人芸術家のためのレジデンス「ヴィラ九条山」(1992年)を建設することになった。
日仏会館研究員、関西日仏学館館長を経て、ヴィラ九条山の設立に携わり初代所長となったミシェル・ワッセルマンは、『ポール・クローデルの黄金の聖櫃 ― 駐日フランス大使の文化活動とその継承』(Champion、2020年)の中で、日本におけるクローデルの世紀について論じる。

20201211Wasserman.JPG

プロフィール

元関西日仏学館館長(1986-94年)のミシェル・ワッセルマンは、在任中に京都フランス音楽アカデミー(1990年)とヴィラ九条山(1992年)の設立に貢献した。1994年より立命館大学国際関係学部(京都)で教鞭をとる。演出家として、2003年より京都オペラ協会の監督をしている。日本の伝統的な演劇を専門とし、クローデルの駐日時代にも関心を寄せている。『黄金と雪 — ポール・クローデルと日本』(ガリマール、2008年)は、2009年にÉmile Faguet賞(Académie Française)とLittéraire de l'Asie賞を受賞。近年では、下記の著書がある。

Paul Claudel dans les villes en flammes 『炎の街の中のポール・クローデル』
Paul Claudel et l’Indochine 『ポールク・クローデルと仏領インドシナ』
・『「京にフランスあり!」― アンスティチュ・フランセ関西の草創期』(共著:立木康介、京都大学人文科学研究所/アンスティチュ・フランセ関西)
Les Arches d’or de Paul Claudel – L’action culturelle de l’Ambassadeur de France au Japon et sa postérité『ポール・クローデルの黄金の聖櫃 ― 駐日フランス大使の文化活動とその継承』

日仏交流への貢献が評価され、ミシェル・ワッセルマンは2018年京都市芸術振興賞を受賞。この賞における50年の歴史の中で、彼は外国人として初めてこの栄誉を受けた。


【司会】ベルナール・トマン(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2020年12月11日