Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(Umifre 19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2020年11月28日(土)のイベント

21世紀の働き方 日本とフランスの比較


(通訳付き)
日時: 2020年11月28日(土) 9:15〜18:00
場所: 1階ホール
講演者: クリステル・アヴリル、 ニコラ・ハツフェルド、市村彰浩、金井郁、神津里季生 、ドミニク・メダ、 水町勇一郎、小熊英二、岡崎淳一 、大沢真知子、 アドリエンヌ・サラ、 島田陽一、田口晶子、 ベルナール・トマン
2020112728Colloquetravail.jpg

画像をクリックし詳細をご覧ください。

技術の進歩、グローバリゼーション、資本主義の変容、人口動態の変化は、21世紀初めの労働界と社会全体の改変のプロセスに作用する重要な要因です。日本におけるこのような労働変革のプロセスは、政府が推奨した「働き方改革」によって活性化され、労働法の改正や、企業の労働体制の変革が進められました。フランスにおいても少なくとも10年前から、技術的・経済的・社会的変化に適応するため、労働法の改正についての議論が行われています。日本であれフランスであれ、これらの改変は労働条件だけでなく広くは社会契約にまで影響を与えています。こうした変化にはときに生活水準の停滞や不平等の拡大、伝統的な労働組合形態の変容、労働市場への女性の参入向上への期待を伴うため、様々な不安が生じています。また、2020年には世界をコロナ危機が襲い、働き方にも大きな変化が迫られています。本シンポジウムでは、研究者と労働関係の当事者が一堂に会し、日本とフランスの事例を比較しながら、21世紀初めの働き方の改革・変容を構成するものは何かについての考察の道筋を提示します。
 
 

プログラム

9 : 15 - 10 : 45 パネルディスカッション1

「働き方改革」とコロナ危機
司会:水町勇一郎
「働き方改革とは何か」
 岡崎淳一(元厚生労働審議官)
「働き方改革と新しい働き方」
 市村彰浩(経団連労働法規委員会 国際労働部会長)
「コロナ危機と労働法制の課題」
 島田陽一(早稲田大学)


質疑・ディスカッション

10 : 45 - 12:45 パネルディスカッション2
社会的不平等と労働者の声
司会:アドリエンヌ・サラ (日仏会館・フランス国立日本研究所)
「コロナ危機であらわになったこと “セーフティネットの構築が急務”」
 神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
「フランスの自動車生産ラインで働いている人は誰なのか?過去半世紀の間に起こったいくつかの重要な変化」
 ニコラ・ハツフェルド (パリ西大学)
「日本における同一労働同一賃金と戦略的ジェンダーニーズ:労働働組合の取組みを考える」
 金井郁(埼玉大学)
「COVID-19の職業病としての認知」
 ベルナール・トマン

質疑・ディスカッション


昼食 12 : 45 - 14 : 00

14 : 00 - 16 : 00 パネルディスカッション3 
性別職務分離の変容―日本的雇用システムの転換―
司会:金井郁
「ILOのジェンダー平等への取組み」
 田口晶子(前ILO駐日代表)
「コロナ危機と女性労働者」
 大沢真知子(日本女子大学)
「二つの国民:日本の二重構造と労働市場」
 小熊英二
「ホームヘルパーから秘書へ、女性の仕事とは何か」
 クリステル・アヴリル(フランス国立社会科学高等研究院)

質疑・ディスカッション

16 : 00 - 17 : 00 基調講演2
「働き方改革、コロナ危機と21世紀の働き方」
 水町勇一郎

17 : 00 - 18 : 00 ラウンドテーブル
司会:島田陽一
神津里季生、田口晶子、市村彰浩 

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2020年11月28日