Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2020年2月10日(月)のイベント

日本の都市空間における「郊外」:日仏比較の試み

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2020年02月10日(月) 18:30〜20:30
場所: 601号室
講演者: セシル・浅沼=ブリス(フランス国立科学研究センター)

SBJ_frontcover.jpeg



*定員に達したため、お申し込みを締め切らせていただきました。



『日本の郊外の一世紀』は、世界で最も消費化が進んだ社会における都市化のプロセスを再考し、さらに広く、自然災害の脅威にさらされた国家において都市化が社会機能に与える影響を考察するものである。日本の都市空間への考査をさらに深めるため、十九世紀から現代までの都市住宅の歴史を示し、日本においては、資本主義が発展してゆく一方、人口流動を管理する上で自然災害が重要なファクターとなっていることを明らかにした。都市化のプロセスの中で起こった郊外化の過程を追い、さらにその住居のタイプや、地域が果たす社会的役割をあらわし、郊外の生活の変遷を分析する。この郊外化現象は現在も変化し続けていることは本書も示す通りである。こうした郊外型の新たなタイプの集合住宅は、経済状況の変化に応えた民間企業により、全国的な広がっていった。今日の脱工業化社会において、シュリンキングシティ(空洞化する街)のパラダイムとして建設された公共および民間の過密型集合住宅は、住人にとって社会的プロテクションとして機能する一方、経済的拘束でもあり、さまざまな社会問題を抱えている。

Photo CRJ.png

セシル・浅沼=ブリスはフランス国立科学研究センターを拠点に都市機能について社会学と地理学の観点から研究を行う専門家で、2020年1月より同センターの国際共同研究チームMITATE Lab.(CNRS, CEA、日本大学)の 共同研究代表として東日本大震災後の福島の現状について調査をしている。
1996年に都市計画の修士(DESS)を取得後、2001年から2005年まで文部科学省の奨学金を得て千葉大学工学部にて研究、2012年にフランス国立社会科学高等研究院で博士を取得。日本には二十年前から在住で、消費社会における都市生産のあり方について研究している。
原発事故後の福島に関する記事など、多くの論文を執筆。主な著書に『Un siècle de banlieue japonaise : Au paroxysme de la société de consommation(日本の郊外の一世紀:狭窄する消費社会において)』(2019年、メティプレス社)がある。

【講師】セシル・浅沼=ブリス(フランス国立科学研究センター)
【司会】アドリエンヌ・サラ(日仏会館・フランス国立日本研究所)

【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2020年2月10日