Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2018年10月のイベント

Lunch Seminar on Japanese Economy and Society

Leaning Out for the Long Span: Married Japanese Salarywomen’s Strategies for Maintaining Careers and Well-being in the 2000s


使用言語:英語 (通訳なし)
日時: 2018年10月05日(金) 12:30 – 14:00
場所: Room 601
20181005LSROBERTS.jpg

Facebook’s Sheryl Sandberg’s 2013 book Lean In attracted attention in Japan, where Sandberg’s advice for business women to “lean in” and assert themselves in order to climb the ranks of power in the corporation was controversial. Soon after the NHK special featuring Sandberg, I noticed the translated version of her book had appeared and was displayed prominently in a bookstore at Shinjuku station, easily in reach of the urban business commuter. But how do “salarywomen” view Sandberg’s strategies? How do women in ordinary career positions maintain their well-being when their husbands are rarely able to substantially contribute to childrearing and domestic management? 

This paper concerns building a career over the long span of marriage and childrearing, and the choices ordinary salary women make not to lean in too far, while enlisting intergenerational support in order to manage their family lives. While such strategies may not propel married women into the Sandberg ranks of upper management, they are survival strategies while the children are growing up. Will these strategies evolve as companies are pressured to increase the percentage of women in management under Prime Minister Abe’s policies? Data come from a longitudinal set of fourteen women in the same Tokyo corporation, whom I have been interviewing at 3-5-year intervals since 2003.


20181005LSROBERTSphoto.jpg

Profile:
Glenda S. Roberts obtained her PhD in Anthropology from Cornell University in 1986. After holding research and academic positions in Honolulu from 1988, she has lived and worked in Japan since 1996, first at the University of Tokyo Institute of Social Sciences, and then, from 1998 to the present, at the Graduate School of Asia-Pacific Studies of Waseda University, where she is Professor.
Her major areas of research are gender, work, family, and migration policy in contemporary Japan.

Moderator: Sophie BUHNIK (UMIFRE 19 - MFJ)
Organization: UMIFRE 19 - MFJ
Co-organization: CCI France Japon

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

講演会

グローバルな怒り?ネオリベラルの世界で大人になること


(同時通訳付き)
日時: 2018年10月12日(金) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: セシル・ヴァン・デ・ヴェルデ(モントリオール大学、 フランス国立社会科学高等研究院)、
【ディスカッサント】玄田有史(東京大学)

20181012Vandevelde.jpg


【司会】ソフィー・ビュニク(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

ラウンドテーブル

表現の自由はどこまで許されるのか?


(同時通訳付き)
日時: 2018年10月22日(月) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: 香山リカ(立教大学教授)、イサベル・ロリヴ(ブリュッセル自由大学)、アンリ・ルッソ(フランス国立科学研究センター)、山元一(慶應義塾大学)
20181022Rousso.jpg

本討論会では、日本とフランスにおける表現の自由の概念の変遷について、両国の歴史と法律を通して考えたいと思います。登壇者は主に次の点について議論します。「表現の自由は基本的人権ですが、絶対的な権利なのでしょうか?」、「表現の自由に制限はあるのでしょうか?制限を受けるとすれば、それはどのような情況においてでしょうか?」、「表現の自由と個人や国家の保護との間の公正な均衡をどう見極めればよいのでしょうか?」。

日本については、特定の個性をもった人々(外国人や性的マイノリティー)に向けられているヘイトスピーチを取り上げます。一方フランスに関しては、否定主義に対する法律や対テロ法が生む新たな課題について考えます。この討論会は、民主主義と人権を尊重する日仏両国における、表現の自由の変遷とその軌跡を比較する機会となるでしょう。


パネリスト:

アンリ・ルッソ
フランス国立社会研究所歴史学者、1994年から2005年まで現代史研究所長を務める。集合的記憶の研究の先駆者の一人で、ヴィシー政権についての研究の第一人者でもある。集合的記憶を元に歴史と正義との因果関係を研究している。1987年、ナチスドイツによるユダヤ人虐殺の現実を否定する行為を名指すために「否定主義」を導入した。フランスの教育機関〔ナンテール大学、パリ政治学院、パンテオン・ソルボンヌ大学〕や海外の大学〔ハーバード大学、イェール大学、コロンビア大学、イェーナ大学、ラプラタ大学〕で教鞭を取る。また、フランスやヨーロッパで多くの美術館に協力をした。次のような代表作を含めフランス語で出版された著書・共著は約30冊に及ぶ:「ヴィシー症候群」 (Le Seuil, 1987)、「最後の大災難、歴史、現在、同時代」(Gallimard, 2012) 、「過去に対峙する・同時代の記憶に関するエッセー」(Belin, 2016)

イザベル・ロリブ
ブリュッセル自由大学で法哲学議会センター長兼学長付顧問。主な研究テーマは平等と対差別の法的概念の適用の展開、人権と基本的自由権の視点から見た文化の多用主義がもたらす課題である。European Equality Law Networkのメンバーであり、 Equality Law Clinicの創始者の一人でもある。2008年には著書を二作共同出版している:Governing Diversity. Migrant Integration and Multiculturalisme in North America and Europe (ed. Université de Bruxelles), Human Rights Tectonics. Global Perspectives on Integration and Fragmentation (Intersentia, Cambridge).

香山リカ
東京医科大学卒業、臨床経験や教育職に携わる精神外科医。現職は立教大学現代心理学部映像身体学科教授。現代人の心の病をテーマに様々な著書を出版。

山元一
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。現在、慶應義塾大学法科大学院教授、憲法のスペシャリストである。2012〜2013年、2015年シアンスポ・パリ法科大学院招聘教授。2016年パリ第2大学招聘教授。



【司会】イザベル・ジロドウ(東京大学)
【主催】在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本、日仏会館・フランス国立日本研究所

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

研究会

『過去との対峙』をめぐってー歴史学の新たな課題


使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2018年10月23日(火) 18:30〜20:30
場所: 601号室
講演者: アンリ・ルッソ(フランス国立科学研究センター)

20181023Faceaupass2.jpg



 記憶は現代社会で重要な価値を持つようになった。記憶は一種の新たな人権となり、民主的な社会の指標にもなっている。つまりそれは、知る権利や認められる権利、特定の社会集団や国家が最近あるいは過去に被った過ちや犯罪の補償を求める権利である。これまでも歴史の中に記憶が根づくことによって個人的あるいは集団的アイデンティティが形成されてきたが、近年における現在と過去との関係は今までにないような社会的要求や公共政策を生み出すようになっている。それはもはや伝統を維持したり、歴史の知識を伝えることにはとどまらず、現在の価値の名の下に歴史を書き直し、歴史の償いをすることである。  
 近著『過去との対峙』(2016年)を踏まえつつ、フランスの国民的記憶を題材にアンリ・ルッソはこの変化の理解を試みる。文化や歴史的経験の多様性にもかかわらず、それ自体が記憶装置(美術館、記念行事、祝賀行事など)のグローバル化に組み込まれているのだ。  

20181023Rousso.jpg


【司会】剣持久木(静岡県立大学)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所、在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本
【協力】日仏歴史学会

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

鼎談

今日文学になにができるのか?


(同時通訳付き)
日時: 2018年10月25日(木) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: マリエル・マセ(フランス国立社会科学高等研究院)、ブランディーヌ・リンケル(作家)
【ディスカッサント】小野正嗣(作家)

20181025Litterature.jpg

© DR © Kodansha © DR


数々の文学論の著者マリエル・マセと、若手作家ブランディーヌ・リンケル、 そして小説家の小野正嗣とともに、文学の可能性について考える。物理的にも象徴的にも、距離というものがますます感じにくくなりつつある今日の混沌とした世界において、文学は何をなしうるのか?司会は明治大学教授の根本美作子が務める。


【司会】根本美作子(明治大学)
【主催】在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本、日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】明治大学

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

日本研究の学生のための研究セミナー

博士課程の学生のためのセミナー


使用言語:フランス語 (通訳なし)
日時: 2018年10月30日(火) 18:00〜20:00
場所: 601号室

Appel à intervention
Séminaire doctoral de la Maison franco-japonaise avec JAPARCHI




Séance du 30 octobre 2018
Poursuite du lexique sur la spatialité au Japon


seminaire doctoral.jpg


Présentation de JAPARCHI https://japarchi.fr/ et du séminaire 2018/2019


Le réseau scientifique thématique Japarchi s’est concentré sur la définition d’un ensemble de notions et de dispositifs fondamentaux de la culture spatiale du Japon ; ce travail s’est traduit par la publication en 2014 du Vocabulaire de la spatialité japonaise, Ed du CNRS.

Le séminaire annuel Japarchi, qui reprend à l’automne 2018, souhaite s’inscrire dans la continuité de cette « encyclopédie ouverte » avec des interventions prenant appui et se concentrant sur un terme, une expression, ou un toponyme, en japonais. Ces entrées thématiques concernent des dispositifs ou des agencements matériels, construits ou se déployant dans le territoire ; des notions ou des concepts relevant de l’architecture, de l’urbanisme ou du paysage ; des acteurs ou actrices qui agissent dans ou avec l’espace. Chacune de ces entrées est définie par une mise en perspective historique, une description, une analyse des fonctions, significations dans son actualité, accompagnées de toute autre caractéristique essentielle.

Nous invitons vivement les doctorant.e.s, et éventuellement les étudiant.e.s en M2, à venir présenter leur travail lors de cette séance organisée avec le séminaire doctoral de la Maison franco-japonaise. Plutôt qu’un travail achevé, nous attendons une réflexion en cours sur les mots, leurs significations, le contexte de leur énonciation et usages. Les champs disciplinaires convoqués au sujet de l’espace et de la spatialité au Japon sont : architecture, anthropologie de l’espace, arts, études urbaines, géographie, histoire, paysage, sociologie, urbanisme.




Thématiques :


1) Approche monographique de sites, de lieux emblématiques ou représentatifs de l’espace japonais: patrimoine historique, architecture contemporaine, sites paysagers, quartiers urbains, lieux dits (liés à des événements, à des narrations). Des monographies de lieux à partir de toponymes déjà dans le Vocabulaire de la spatialité japonaise (Tokyo Sky Tree, Tokaidô, Gunkanjima), peuvent être reprises et amendées.


2) Termes désignant des lieux, moments, temporalités, rituels associés à l’hospitalité et à sa spatialisation (architecture, ville, milieu rural, paysage, jardin), dans l’histoire et aujourd’hui.


3) Étude sémantique concernant les espaces publics au Japon et l’ensemble des termes et expressions usuelles propres à qualifier ces espaces et définir leurs usages. Pour des raisons de différences perceptuelles, culturelles et comportementales, ces notions n’ont que peu de sens au Japon lorsqu’elles sont traduites textuellement du français ou de l’anglais.


4) Varia, toujours à partir d’une entrée lexicale : expression, vocable technique, pratique, loi, etc. Cette catégorie est destinée aux doctorant.e.s souhaitant présenter leur travail qui ne s’inscrit pas dans les thématiques proposées ci-dessus.



Nous attendons vos propositions avec un titre, le(s) terme(s) envisagé(s) et un texte de 1000 signes maximum présentant vos noms, coordonnées, rattachement universitaire, présentation succincte de votre thème de recherche et de son point d’avancement.


Adresse d’envoi et de contact : japarchi@gmail.com



Pour JAPARCHI, Sylvie Brosseau et Catherine Grout

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント 次月のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2018年10月

« 2018年10月 »

  1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 24
25
26 27
28 29 31      

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)