Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


新着情報

2019年08月30日(金)

日仏会館・フランス国立日本研究所よりご案内(2019年8月30日)

2019年8月30日をもって、現所長の坂井セシルは日仏会館・フランス国立日本研究所での任期を終え、パリ・ディドロ大学教授のポストに戻ります。
この3年間お世話になりましたすべての協力者やスタッフ、および数々のイベントに参加くださった皆様に深くお礼申し上げます。
また、公益財団法人日仏会館、フランス外務省、フランス大使館、アンスティチュ・フランセ、フランス国立科学研究センター他、ご支援くださった方々にも心よりお礼申し上げます。
9月1日より、ベルナール・トマン(イナルコ教授、日本社会史)が所長に就任します。どうぞよろしくお願いいたします。

研究員としては、9月から東京大学准教授に就任するマチュー・カペル(日本映画論)に代わり、あらたにアドリエンヌ・サラ(社会経済学)が着任します。
ジャンパスカル・バッシーノ(経済学)、ソフィ・ビュニック(地理学)、レミ・スコシマロ(地理学)は引き続き、当研究所において研究に携わります。
今後ともどうぞくれぐれもよろしくお願い申し上げます。

Merci et à bientôt !


ホーム > 新着情報 > 日仏会館・フランス国立日本研究所よりご案内(2019年8月30日)