Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


研究活動

野澤 丈二

所属:
- フランス国立日本研究センター UMIFRE 19 フランス外務省(MAEE)・国立科学研究センター(CNRS) 協力研究員
- 日仏会館フランス事務所 学術交流担当

Eメール : nozawa[の後に @mfj.gr.jp]

英文の履歴書(準備中)
フランス語ページはこちらから

学位:
1994年 立教大学 経済学部 経済学科 学士
2001年 ロンドン大学 バークベック・カレッジ 大学院 歴史学部 修士
2003年 パリ(第4)ソルボンヌ大学 大学院 歴史学部 博士準備過程(DEA)
 * 2005年1月ー6月:パリ・オランダ文化会館(Institut néerlandais)にて半年間の研修
 * 2005年9月ー2006年8月:オランダ ライデン大学 歴史学部 研究滞在
2012年 パリ(第4)ソルボンヌ大学 大学院 歴史学部 近現代史専攻 博士

博士論文:
« Les vins européens à la conquête de l'Asie extrême :
Le rôle de la VOC dans l'expansion orientale du vin aux Temps modernes »
(近世における欧州産葡萄酒のアジアへの普及:オランダ東インド会社の果たした役割)
概要(仏文)
要旨(英文)


研究テーマ:
1. 17−18世紀におけるヨーロッパの国際海洋商業(とりわけ仏蘭間の交易)
2. 東インド会社(オランダ、フランス、イギリス)
3. 近世における食(文化)のグローバリゼーション
4. 江戸期における日本の国際関係(とりわけ日蘭関係)
5. 文化外交、パブリック・ディプロマシー
6. 日仏交流史

業績:
共著
  • "Wine-drinking Culture in Seventeenth-century Japan. The Role of Dutch Merchants", in Eric C. Rath et Stephanie Assmann (eds.), Japanese Foodways, Past and Present, Chicago, University of Illinois Press, 2010, p. 108-125.
  • "Wine as a Luxury at the Dutch Factory in Japan during the Second Half of the 18th Century", in Rengenier C. Rittersma (eds.), Luxury in the Low Countries, Brussels, Pharo, 2010, p. 85-106.
  • « Ekiben, gastronomie régionale sur les rails. Ou 'Dis-moi ce que tu manges dans le train, je te dirai où tu es !' » dans Jean-Robert Pitte et Vincent Moriniaux (dir.), Les établissements de restauration dans le monde, Paris, Harmattan, 2012, p.229-240.
論文
  • "The Reshipment of European wines to the Dutch East Indies in the Seventeenth Century", Bulletin of the Kyoto Sangyo University Institute for World Affairs, vol.28, février 2013, p.285-296.
  • « Dix ans d'histoire de l'alimentation au Japon », Food & History, vol.10, n°2, 2012, p. 223-232 - numéro spécial du 10ème anniversaire de la revue
    要旨(仏文/英文)

助成等:
  • サントリー文化財団 鳥井フェロー(2010ー2011)
  • IEHCA/欧州食文化史研究所(2013ー2014)

現在のプロジェクト:

ホーム > 研究活動 > 研究員/事務局 > 野澤 丈二