Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


デジタルアーカイブ

第五共和制下におけるフランスのライシテ(非宗教性)の変遷(1958年〜2010年)


使用言語:フランス語 (逐次通訳)
日時: 2010年05月27日(木) 18:00 - 20:00
講演者:ジャン・ボベロ (フランス高等研究実習院名誉院長)
  • 講演要旨:
    フランス第五共和制憲法では第四共和制憲法と同じく、フランスが「非宗教的(…)共和国」であり、いかなる社会的圧力も、また国内のいかなる政党も「ライシテ(非宗教性)の原則」に疑問を呈することはできないと言明されている。しかし、このような明確なコンセンサスの陰には解釈の深刻な対立が隠れており、それは1959年から1984年にかけての時期と1989年以降では非常に異なったかたちで現れている。
    前者の時期には、公立校と私立校をめぐる論争、ならびに社会慣行の非宗教化に関する法律にまつわる緊張により、フランス革命から20世紀初頭までの激しい《二つのフランスの対立》の名残が明らかになった。ここ20年あまり《ライシテの争い》は、フランスの植民地主義の歴史に根を下ろすとともに、フランス社会の民族・文化的“多様性”や国際情勢、近代性の新たな段階およびグローバル化の進行に結びついた新しい諸問題を前にして重要性を増している。

  • 講師プロフィール:
    フランス国立高等研究院(EPHE)の名誉院長であり、同研究院の「ライシテの歴史と社会学」講座の名誉教授。1995年に「社会、宗教、ライシテ」グループ(フランス国立科学研究センター、フランス国立高等研究院)を創設し、初代のディレクターを務めるとともに現在でもメンバーである。著作多数。中でも Vers un nouveau pacte laïque (1990), La morale laïque contre l’ordre moral (1997, 2e éd. 2009), Histoire de la laïcité en France (2000, 5e éd. 2010, 日本語訳 2009), Laïcité 1905-2005, entre passion et raison (2004) et Les Laïcités dans le monde (2007, 2e éd. 2009) などがある。

  • 協力:中央大学
イベントカレンダー »
« 前のイベント 次のイベント »

ホーム > 音声アーカイヴ > 第五共和制下におけるフランスのライシテ(非宗教性)の変遷(1958年〜2010年)

イベント録音リスト
1960年以降の催しのうち、音源が残っているイベントのリストです。現在、非公開の内部資料として保存しております。必要な手続きを経て、デジタル化を順次進めております。

日仏文化 | NICHIFUTSU BUNKA

講演会のテキストの一部は、会誌『日仏文化』デジタルアーカイブで読むことができます。

講演会映像 | Conférence en ligne