Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

2018年3月のイベント

ビゴーの描いた明治-時代を表す風刺と芸術-

[ シンポジウム ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2018年03月03日(土) 16:00〜18:00
場所: 1階ホール
講演者: クリスチャン・ポラック (明治大学、フランス国立社会科学高等研究院)、清水勲(漫画・風刺画研究家)、フランソワ・ラショー(フランス国立極東学院)
flyer.jpg
画像をクリックし詳細をご覧ください


風景画家、肖像画家、エッチング画家また風刺画家であるジョルジュ・フェルディナン・ビゴー(1860-1927)は、フランス国立高等美術学校での学業を終えた後、1882年に来日した。陸軍士官学校では写生を教え、彼の版画は新聞などに掲載された。そして、複数の風刺雑誌を創刊し名声を得た。特に1887年の『トバエ』、1890年の『日本人の生活』や『ポタン・ド・ヨコ』では当時の出来事を風刺した。しかし、検閲などの問題に直面し、1899年にフランスに帰国せざるを得なくなった。日本の教科書では今日でもなお、印象的な明治時代の貴重な資料となった彼の風刺画が使われている。

【司会】坂井セシル(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】(株)セリク、(公財)日仏会館、日仏会館・フランス国立日本研究所
【後援】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本


展覧会「ビゴーの描いた明治—時代を表す風刺と芸術」
日仏会館ギャラリー、2018年3月3日(土)〜3月21日(祝・水)
火〜日11:00-19:00(月曜閉室)、入場無料

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

恋愛と選択の社会学にむけて


使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2018年03月06日(火) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: エヴァ・イルーズ(フランス国立社会科学高等研究院)
Eva Illouzi.jpg

【司会】レミ・スコシマロ(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】フランス国立社会科学高等研究院

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

国際女性デー記念シンポジウム

核の時代の個・種・ジェネレーション
私たちの未来をいかに建設するか

[ シンポジウム ]

日時: 2018年03月10日(土) 13:00〜18:30
場所: 1階ホール
講演者: 松本伊瑳子(日仏女性研究学会)、ファヨル入江容子(一橋大学)、河野哲也(立教大学)、合田正人(明治大学)、エルヴェ・クーショ(上智大学)、木村信子(東洋大学)
journée femmes2.jpg
画像をクリックすると詳細をご覧いただけます

フクシマ以後、核による環境と人間の破壊は、誰にも身近なものになった。「個」と「種」というジェンダー研究のテーマを中心に、「ジェネレーション」の複層的視点を取り入れつつ、未来の建設のための議論を交わす。
過去の戦争の轍を踏むことなく、核の脅威に直面する現代を生きるという、この難問について日仏比較をとおして考えたい。

【登壇者】松本伊瑳子(日仏女性研究学会)、ファヨル入江容子
(一橋大学)、河野哲也(立教大学)、木村信子(東洋大学)、
合田正人(明治大学)、エルヴェ・クーショ(上智大学)

【司会】 佐藤朋子(総合司会、関東学院大学)、北原零未(大妻女子大学)、中真生(神戸大学)、上原麻有子(京都大学)、
棚沢直子(東洋大学)

【主催】日仏女性研究学会【共催】日仏哲学会、日仏会館・フランス国立日本研究所【協力】(公財)日仏会館

【後援】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本【助成】科研費:挑戦的萌芽研究16K13151「新しい東洋的心身論とエコロジカル・エンボディメント理論の国際発信」

※一部逐次通訳あり

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

日本研究の学生のための研究セミナー

博士課程の学生のためのセミナー


使用言語:フランス語 (通訳なし)
日時: 2018年03月13日(火) 18:00〜20:00
場所: 601号室
Maison franco-japonaise
Institut français de recherche sur le Japon UMIFRE 19
Séminaire doctoral


seminaire doctoral.jpg

Ce séminaire mensuel s'adresse principalement aux doctorants francophones en sciences humaines et sociales, mais demeure également ouvert aux étudiants de Master ou autres jeunes chercheurs. Organisé par des étudiants et pour des étudiants, encadré par le directeur et les chercheurs de la Maison franco-japonaise, il s'agit d'un espace dédié à la présentation de travaux de recherche, quel que soit leur stade d'avancement, permettant de discuter collectivement des problèmes méthodologiques rencontrés tout au long du processus d'élaboration de la thèse.
Se déroulant sous la forme d'exposés suivis d'un échange avec la salle, le séminaire constitue un entraînement à la prise de parole en public, à la présentation claire et adaptée de son sujet, à la maîtrise des outils logiciels de projection. Les participants de l'auditoire bénéficient quant à eux de l'expérience de leurs collègues et sont conviés à s'interroger sur des questions de méthode qui leur sont propres. Ils profitent, en outre, de connaissances et résultats souvent encore inédits de la recherche sur le Japon.
Chaque séance est animée par un des membres de l'équipe coordinatrice. Elle est consacrée d'abord, pendant environ 30 minutes, à une mise en commun des connaissances sur un aspect pratique de la formation doctorale et à un échange d'informations entre toutes les personnes présentes (annonces diverses, espace de questions libres, etc.). Puis, deux intervenants présentent leurs travaux : ils disposent chacun de 45 minutes en tout, dont 20-25 minutes de présentation orale, le reste du temps étant dédié à la discussion collective.

Chaque présentation doit comprendre l'explication de la problématique, un bref état des lieux critique de la recherche, les sources utilisées, une explication sur le choix du sujet et la manière dont l'exposé du jour s'insère dans la thèse, ainsi qu'éventuellement un plan de la thèse, et les difficultés rencontrées le cas échéant.

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

共生主義宣言と近未来の地球倫理

[ シンポジウム ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2018年03月17日(土) 14:00〜17:30
場所: 1階ホール
講演者: 團紀彦(建築家/共生ラボ)、古沢広祐(国学院大学)、マルク・アンベール(レンヌ第1大学)、近藤誠一(地球システム・倫理学会会長)、西川潤(早稲田大学名誉教授)、西谷修(立教大学)、服部英二(JSGSE会長顧問)
Manifeste convivalistei.jpg

1970年代以降、OECD諸国は「ポスト経済成長」時代に入ったように見える。だが、このポスト成長期は、21世紀に入り、アメリカ発の金融・経済危機("リーマン・ショック")、それに続く欧州債務危機など、絶えざる危機を伴っている。各国政府とも、赤字財政を膨らませ、その日暮らし状態で、新たな危機が危惧される。こうした時代に、従来の正統派の経済学に代わり、フランスでは、脱成長論や社会的・連帯経済等の新しい経済学・社会政策が勃興した。社会科学の革新をはかるこれらの学問を踏まえて、2013年には個人主義的、合理主義的、経済主義的現代文明を見直し、新しい文明の倫理的・科学的な基礎を置こうとする共生主義宣言が、経済学者、哲学者、社会学者、実務家等の賛同を集めてうち出された(www.lesconvivialistes.org)。本シンポジウムは、本宣言の主唱者の一人、マルク・アンベール教授(前日仏会館・フランス国立日本研究所長)を迎えて、『共生主義宣言』の日本語版(2017年、コモンズ)に関わった共生論研究者、また、地球倫理の普及に関心を持つ文明学者たちとの問題関心を突き合わせ、日仏両国での共生主義の発展を考えようとする。

挨拶:
坂井セシル(日仏会館・フランス国立日本研究所所長)
ダヴィド=アントワーヌ・マリナス(駐日フランス大使館文化部、アンスティチュ・フランセ日本代表)
近藤誠一(地球システム・倫理学会会長)

司会:服部英二(JSGSE会長顧問) 

パネリスト:
西川潤(早稲田大学名誉教授)
「共生主義宣言の意義―ポスト成長時代のグローバル倫理の提起」 

マルク・アンベール(レンヌ第1大学教授)
「共生主義宣言―現在と将来」

團紀彦(建築家/共生ラボ代表)
「都市空間の中の共生モデル」

古沢広祐(国学院大学教授、「環境・持続社会」研究センター代表理事)
「共生社会を実現する条件―文明パラダイム転換のために」

コメント : 西谷修(立教大学)「フランス近代思想と共生主義」 


【主催】地球システム・倫理学会、日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】Association des convivialistes、PEKEA、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

Marc Humbert.jpg

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

世界文学から見たフランス語圏カリブ海

[ シンポジウム ]

日時: 2018年03月25日(日) 10:00〜18:30
場所: 1階ホール
mrt .jpg

プログラム
全体司会:レナ・ジュンタ

10:00 - 10:15    開会式(逐次通訳)
立花 英裕(早稲田大学・現代フランス語研究所所長)
サラ・ヴァンディ(書籍・グローバル討論会担当官、アンスティテュ・フランセ日本/フランス大使館)

10:15 - 12:00    基調講演と討議(逐次通訳)
司会:澤田 直
ロミュアル・フォンクア (ソルボンヌ大学)
フランソワ・ヌーデルマン(パリ第8大学)

13:30 - 15:00    カリブ海と日本の架け橋:小泉八雲
司会:中村 隆之
西 成彦(立命館大学)
中島 淑恵(富山大学)
廣松 勲(法政大学)

15:15 - 16:00    マルチニックの音楽と料理
司会:廣松 勲
工藤 晋(都立国分寺高校)
尾崎 文太(武蔵大学)

16:15 - 18:15    ネグリチュードから群島的思考へ
司会:星埜守之
立花 英裕(早稲田大学)
福島 亮 (東京大学大学院生)
中村 隆之(大東文化大学)
今福 龍太(東京外国語大学)

18:15 - 18:30    第1日目 結論:星埜 守之・塚本 昌則

【登壇者】クロード・カヴァレーロ(サヴォワ・モンブラン大学)、
ロミュアル・フォンクア(ソルボンヌ大学)、福島亮(東京
大学)、廣松勲(法政大学)、星埜守之(東京大学)、今福龍太
(東京外国語大学)、工藤晋(都立国分寺高校)、ブュアタ・
マレラ (マヨット大学)、元木淳子(法政大学)、中島淑恵(富山
大学)、中村隆之(大東文化大学)、西成彦(立命館大学)、
西谷修(立教大学)、フランソワ・ヌーデルマン(パリ第8
大学)、マニュエル・ノルヴァ(アンティユ大学)、大辻都(京都
造形大学)、尾崎文太(武蔵大学)、澤田直(立教大学)、
ジョジアス・セミュジャンガ(モントリオール大学)、立花英裕(早稲田大学)、塚本昌則(東京大学)、渡邊未帆(早稲田大学)

【司会】レナ・ジュンタ(早稲田大学)、西川葉澄(慶応義塾大学)ほか

【主催】早稲田大学現代フランス研究所、日仏会館・フランス国立日本
研究所

【共催】在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本

【協力】(公財)日仏会館 【助成】科研費:助成基盤研究(C)15K02391
「詩人エメ・セゼールの世界性と新たな文学的〈界〉の誕生」

Maritinique vue aerienne 010.jpg

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

世界文学から見たフランス語圏カリブ海

[ シンポジウム ]

日時: 2018年03月26日(月) 10:00〜18:45
場所: 1階ホール
mrt .jpg

プログラム
10:00 - 11:00    フランス語圏の女性文学
司会:塚本 昌則
大辻 都(京都造形芸術大学)
元木 淳子(法政大学)

11:00 - 12:00    フランス語圏文学の受容
司会:大辻 都
星埜 守之(東京大学)
塚本 昌則(東京大学)

13:30 - 14:30    ネグリチュードから世界文学へ 
司会:ビュアタ・マレラ
マニュエル・ノルヴァ (アンティユ大学)「セゼールからグリッサンへ」
クロード・カヴァレーロ (サヴォア・モンブラン大学)「ルクレジオと世界文学」

14:45 - 15:15    ハイチの音楽(同時通訳)
 司会:西川 葉澄(慶應義塾大学)
渡邊 未帆(早稲田大学)

15:30 - 16:30    カリブ海の知識人/アフリカの知識人(同時通訳)
司会:クロード・カヴァレーロ
ビュアタ・マレラ (マヨット大学)「パリにおけるネグリチュード」
ジョジアス・セミュジャンガ (モントリオール大学) 「アフリカにおけるネグリチュード」

16:45 - 18:45    討議(近代思想とアフロ=カリビアン的思考)(同時通訳)
司会:立花 英裕
西谷 修(立教大学)「1950年代以降の日本の知識人の歩み」
澤田 直(立教大学)「サルトルを初めとする戦後フランス思想から21世紀へ」

全体討議
コメンテーター:ロミュアル・フォンクア,フランソワ・ヌーデルマン(各5-10分)

18:45    閉会の辞 
  


【登壇者】クロード・カヴァレーロ(サヴォワ・モンブラン大学)、
ロミュアル・フォンクア(ソルボンヌ大学)、福島亮(東京
大学)、廣松勲(法政大学)、星埜守之(東京大学)、今福龍太
(東京外国語大学)、工藤晋(都立国分寺高校)、ブュアタ・
マレラ (マヨット大学)、元木淳子(法政大学)、中島淑恵(富山
大学)、中村隆之(大東文化大学)、西成彦(立命館大学)、
西谷修(立教大学)、フランソワ・ヌーデルマン(パリ第8
大学)、マニュエル・ノルヴァ(アンティユ大学)、大辻都(京都
造形大学)、尾崎文太(武蔵大学)、澤田直(立教大学)、
ジョジアス・セミュジャンガ(モントリオール大学)、立花英裕(早稲田大学)、塚本昌則(東京大学)、渡邊未帆(早稲田大学)

【司会】レナ・ジュンタ(早稲田大学)、西川葉澄(慶応義塾大学)ほか

【主催】早稲田大学現代フランス研究所、日仏会館・フランス国立日本
研究所

【共催】在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本

【協力】(公財)日仏会館 【助成】科研費:助成基盤研究(C)15K02391
「詩人エメ・セゼールの世界性と新たな文学的〈界〉の誕生」

Maritinique vue aerienne 010.jpg

* イベントは、特に記載のない限り、すべて無料となっております。参加をご希望の方はお申し込みをお願いいたします。

« 前月のイベント

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 2018年3月

« 2018年3月

        1 2
4 5
6
7 8 9
11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
27 28 29 30 31

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)