Maison Franco-japonaise: 日仏会館 日仏会館・フランス国立日本研究所(UMIFRE19 フランス外務省・国立科学研究センター)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

人文社会学におけるファッション研究の現状:日仏の比較


使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2018年02月27日(火) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: クリステル・ブラッシュ=コント(フランス国立社会科学高等研究院)、アンヌ・モンジャレ(フランス国立社会科学高等研究院)、高木陽子(文化学園大学)

photo libre de droit.jpg

フランスにおいても日本と同様、モードという研究対象は、人文社会科学において伝統的に行われてきた歴史的アプローチのせいで蔑ろにされてきた。今日両国において学術的背景は変化し、また、急速に進化し、ダイナミズムや新しい可能性の展望を垣間見ることができる。これらの発展への理解および対話による現状の理解は、この分野の研究の未来のために最も重要と思われる。

プロフィール
アンヌ・モンジャレ
民族学者、社会学者、フランス国立科学研究センターおよびフランス国立社会科学高等研究院の共同研究所IIAC-LAHIC研究主任、フランス民族学会会長。職業や女性、都市における文化、記憶、遺産についての研究を行う。現在、「お針子」やパリのモンマルトルの表象に関心を寄せている。

高木陽子
文化学園大学教授。ファションとテキスタイルの越境に関する諸問題に取り組む。理論と国際的研究の向上を推進する科研費基盤研究 (C)「越境するファッションの理論構築と国際協働の推進」17K02382を取得。ジャポニスム学会理事長。

クリステル・ブラッシュ=コント
人類学者、写真家。フランス国立社会科学高等研究院IIAC-LAHIC研究所博士課程在学中。表象やモード、職人仕事についての考察を通して現代におけるグローバリセージョンのプロセスを研究している。

【司会】シルヴィー・ボォ(日仏会館・フランス国立日本研究所)
【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所
【協力】AMM、IIAC、LAHIC、EHESS、CNRS、SEF、越境するファッションセミナー、科研費基盤研究 (C)「越境するファッションの理論構築と国際協働の推進」17K02382、文化学園大学

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 人文社会学におけるファッション研究の現状:日仏の比較

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
14 16 17 19
20 22 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 29

2018年7月

1 2 3 4 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年のイベント案内(PDF版)

2017年のイベント案内(PDF版)

2016年のイベント案内(PDF版)

2015年のイベント案内(PDF版)

2014年のイベント案内(PDF版)

2013年のイベント案内(PDF版)

2012年のイベント案内(PDF版)

2011年のイベント案内(PDF版)

2010年のイベント案内(PDF版)

2009年のイベント案内(PDF版)

2008年のイベント案内(PDF版)