Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

歴史の社会的機能

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2017年06月14日(水) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: ジェラール・ノワリエル(フランス国立社会科学高等研究院)
ディスカッサント:舘葉月(武蔵大学)
20170614.jpg

本講演でははじめに、歴史が歴史学という一つの学問分野になったのは、民主主義社会の公共空間でたえず議論される記憶の問題と距離をとったからであることを確認する。記憶は過去の人間を価値判断するが、歴史学は過去の人間の行動を理解し説明することを任務とする。歴史学のこうした学問的姿勢はしばしば、「象牙の塔」に閉じこもり役にも立たない知識を生産するとして歴史家を非難する者たちから批判される。私はこうした批判の正しさは認めるが、歴史学は文化の世界の他のアクターたちとの連携を築くことで、歴史学の特徴である客観性の要請と歴史学の社会的機能とを和解させることが可能であることを示そうと思う。最後に、私自身が博物館や演劇や映画の世界と協働作業をした経験のいくつかを紹介して結びとする。

プロフィール
ジェラール・ノワリエル
1950年、ナンシーに生まれる。
歴史学アグレジェ、文学博士。
パリ高等師範学校教授(1986年〜1994年)
国立社会科学高等研究院研究ディレクター(1994年から)
プリンストン大学高等研究院会会員
学術誌 Genèses. Sciences sociales et Histoire 共同創立者・編集委員

【司会】大中一彌 (法政大学)
【主催】(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所


関連イベントのお知らせ
ノワリエル先生のセミナー「19-20世紀の歴史家たちのネーション観」が2017年6月15日(木)18時〜20時、日仏会館5階501号室にて行われます。
詳細はこちら:https://www.mfjtokyo.or.jp/events/course/20170615.html

qu'est ce qu'une nation_96dpi.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

書影.jpgのサムネール画像

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 歴史の社会的機能

2017年6月

        1 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2017年7月

            1
2
3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31