Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

フランス的な解放と啓蒙
1789年からのユダヤ人を事例にして

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2017年05月19日(金) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: ピエール・ビルンボーム(パリ第1大学名誉教授) 【ディスカッサント】 三浦信孝(中央大学名誉教授)
PB.jpg

アングロサクソン・モデルとは対照的に、18世紀のフィロゾーフたちが構想したフランス啓蒙は、根本的に諸宗教と対立する。それは、社会の再生や新しい人間像の構築、集団的帰属の廃止、さらには方言の拒否を含む脱宗教化した公共空間を構想した。こうした論理にのっとって、ユダヤ人の解放は、彼らを完全に再生させ、ユダヤ人に固有な価値とあらゆる特殊な組織形態を放棄させることを前提とした。アベ・グレゴワールは、1787年のメッス・アカデミーのコンクール受賞論文ではじめて、こうしたユダヤ人再生の道を描き出し、すぐ後に始まるフランス革命の敵対関係のなかでそれを擁護することになる。

photo 2 M. Birnbaum.jpg

【司会】富永茂樹(京都大学名誉教授)
【主催】 日仏会館フランス事務所
【助成】 科研費基盤 (C) 「18・19世紀における「習俗」の概念と公共空間の変容:劇場・都市・共和国」15K03814

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > フランス的な解放と啓蒙1789年からのユダヤ人を事例にして

2017年4月

            1
2 3 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30