Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

「都市の憂鬱」―小林清親(1847−1915)の「東京名所図」を読む

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2017年04月10日(月) 18:30〜20:00
場所: 1階ホール
講演者: フランソワ・ラショー(フランス国立極東学院)
K42.jpg


要旨
九十余枚存在が確認されている、新旧の入り混じった新都の景観を画題にする小林清親の『東京名所図』は、日本の「近代性」(モダニティ)の定義において今日まで重要な地位を持ち続けている。大正・昭和期の文芸界では、「モダニティ」の視覚化の早期の試みとして、また、近代の都市空間の産物たる憂鬱(メランコリー)の表現としても高く評価された。木下杢太郎や永井荷風の「清親論」、そして西洋の近代に対して同様の感慨に浸ったシャルル・ボードレールとレオン・ポール・ファルグの作品を通して、清親の「東京名所図」の意義を問いなおしたい。

プロフィール

フランス国立極東学院教授、同院東京支部長。日本美術史・宗教史を専門とする。主な研究テーマは近世の文人・蒐集家・古物研究家の比較研究、近世期における東アジアの文化交流史、軍記物語の世界と国民意識の形成など。

【司会】坂井セシル(日仏会館・日本研究センター)
【主催】日仏会館フランス事務所

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 「都市の憂鬱」―小林清親(1847−1915)の「東京名所図」を読む

2017年4月

            1
2 3 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30