Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

国際女性デー記念シンポジウム

あらためて、「女性の貧困」を問う ―沸騰する巨大格差―


(通訳付き)
日時: 2017年03月18日(土) 13:00〜18:00
場所: 1階ホール
講演者: 林 陽子(弁護士・国連女性差別撤廃委員会前委員長)、草野いづみ(帝京大学)、ロラン・プフェフェルコルン(ストラスブール大学)、鈴木美奈子(一橋大学)、上田美香(東洋大学人間科学総合研究所)
20170318.jpg
画像をクリックし詳細をご覧ください。

いつの時代も女性である。たとえば日本では、母子家庭における貧困は母から子へと連鎖し、深刻な問題になっている。フランスでも同じような傾向が見られるのか。また、男性の場合、急激な格差はどのように広がっているのか。貧困に対して、とりわけ女性の貧困に対して、どのように支援し解消していけるだろうか。日仏の比較をとおして考えてみたい。
 

プログラム
13:00  開会の辞 坂井セシル(日仏会館フランス事務所長) 
       趣旨説明 木村信子(日仏女性研究学会代表、明治大学)

第1部    司会 吉川佳英子(京都造形芸術大学)
13:10  日本における女性の貧困―統計から何が読み取れるか
草野いづみ(帝京大学)

13:40  母と子の貧困の実態と課題―10代母親の調査研究から―
上田美香(東洋大学人間科学総合研究所)

14:10  <境界>に生きる-フランスの移民・難民女性の排除と同胞コミュニティ
鈴木美奈子(一橋大学大学院生)

14:40  質疑
14:55  休憩

第2部    司会 佐藤朋子(日仏女性研究学会事務局代表、関東学院大学)
15:05  フランスにおける女性の貧困―統計から何が読み取れるか
ロラン・プフェフェルコルン(ストラスブール大学)

15:35  ・貧困の原因としての差別――女性差別撤廃条約が目指す女性の経済的エ
          ンパワメント
       ・国連女性差別撤廃委員会によるフランスでの審査(2016.7)報告
林 陽子(弁護士・国連女性差別撤廃委員会前委員長)

16:15  質疑
16:30  休憩
 
第3部    司会 棚沢直子(フランス研究者)
16:40  ラウンドテーブル:
       「女性の貧困をどう支援し、解消できるか」

17:40  質疑

18:00  閉会の辞 木村信子


【司会】木村信子(明治大学)、佐藤朋子(関東学院大学)、棚沢直子(東洋大学人間科学総合研究所)、吉川佳英子(京都造形芸術大学) 

【主催】日仏女性研究学会
【共催】(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所

日本語・フランス語、第二部より同時通訳あり

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > あらためて、「女性の貧困」を問う ―沸騰する巨大格差―

2017年7月

            1
2
3 5 6 7 8
9 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31