Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

声なき者たちの声ープロソポペイア、文学と哲学の間の比喩形象

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2016年04月18日(月) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: ブリュノ・クレマン (パリ・リュミエール大学共同体/パリ第8大学、フランス大学学院)

lavoix.jpg

人間の声は思考にとって手強い相手である。肉体的であると同時に精神的で、言葉と歌の媒体で、発する語にイントネーションで味わいを加え、動物的であると同時に人間的で、つまるところ、声は自然である。けれども、それだけではない...。本講演は、プロソポペイアという比喩形象から出発して、この本質的な曖昧さを追究する。プロソポペイアは、不在のもの、死者、超自然的なもの、さらには無機物にも声を与えることで、それが作り出すテクストにつねに教訓的な奥行きを与える。プロソポペイアを使うことで、哲学者や理論家(プラトン、ルソー、ニーチェ、フロイト、フーコー、レヴィナス)、詩人や小説家(ベケット、ブランショ、ドゥギー、サロート)は、通常の慣習的な言説を超えて、異質で時ならぬ声――もう一つの声――を聞かせる。良心の頂点から聞こえる真実の声、気難しい声、道徳的な声。垂直に降りてくる声。

ブリュノ・クレマン
元国際哲学コレージュ院長(2004年-2007年)。パリ第8大学教授、フランス大学学院会員。現在、パリ・リュミエール大学共同体学術委員長。著書に、『特性なき作品――サミュエル・ベケットの修辞学』(Seuil, 1994年)、『読者とそのモデル』(PUF, 1999年)、『注釈の発明――アウグスティヌス、ジャック・デリダ』(PUF, 2000年)、『方法の物語』(Seuil, 2005年)、『垂直に降りてくる声』(Belin, 2012年)など。

Bruno Clement.jpg


【登壇者】ブリュノ・クレマン (パリ・リュミエール大学共同体/パリ第8大学、フランス大学学院)
【ディスカッサント】郷原佳以 (東京大学)
【司会】澤田直 (立教大学)
【主催】(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所
【助成】 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
【後援】水声社
同時通訳

* ブリュノ・クレマン氏は4月19日18 : 30~20 : 30に日仏会館501会議室でセミナー「哲学者と文体の問題」を行います。

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 声なき者たちの声ープロソポペイア、文学と哲学の間の比喩形象

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13
16 17 18 19 20 21
22 23 25 26 28
29 30 31