Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

一休とは何か—この妖怪に再び取り組む

[ シンポジウム ]

使用言語:日本語 (通訳なし)
日時: 2015年11月15日(日) 09:45 〜 18:00
場所: 1階ホール
ikkyu.jpg
墨斎紹等筆 「一休和尚像」 © RMN-Grand Palais (musée Guimet, Paris) / Thierry Ollivier / distributed by AMF

【登壇者】ディディエ・ダヴァン(フランス国立極東学院)、堀川貴司(慶応義塾大学)、飯島孝良(東京大学)、飯塚大展(駒澤大学)、小川隆(駒澤大学)、矢内一磨(堺市博物館)、芳澤元(日本学術振興会)、芳澤勝弘(花園大学)
【司会】ディディエ・ダヴァン(フランス国立極東学院東京支部)
【主催】フランス国立極東学院東京支部
【共催】花園大学、日仏会館フランス事務所


プログラム

9:45  挨拶

10:00  基調講演「一休の禅と風流」
芳澤勝弘、花園大学教授

11:00 質疑と討論:
小川隆、駒澤大学教授

12:00 休憩

一休研究の現状
13:30 「一休宗純論と室町時代像」
芳澤元、日本学術振興会特別研究員

14:05 「中世寺院社会史からみた一休派の結衆について」
矢内一磨、堺市博物館、学芸員

14:40 「一休像の変容―禅籍抄物史料を中心として」
飯塚大展、駒澤大学仏教学部、教授

15:10 休憩

15:30 「五山文学と一休の詩偈」
堀川貴司、慶応義塾大学附属研究所斯道文庫、教授

16:05 「日本禅宗史における一休の考察」
ディディエ・ダヴァン、フランス国立極東学院、研究員

16:40 「20世紀が創った一休像―一休とわれわれのあいだにある多面体(プリズム)―」
飯島孝良、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程

17:10 休憩

17:20 質疑応答

18:00 終了

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 一休とは何か—この妖怪に再び取り組む

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13
16 17 18 19 20 21
22 23 25 26 28
29 30 31