Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

福島で保護と服従

[ 学術会議 ]

使用言語:日本語 (同時通訳付き)
日時: 2013年10月15日(火) 18:00 - 21:00
場所: 1階ホール
8.Lgts pro.JPG
会津若松の仮設住宅に住む被災者 © Cécile Asanuma-Brice

【趣旨】
福島の原発被害は、国、怪しいネットワーク、科学者、専門家、反専門家、「市民運動」や各種団体がいかにして連鎖的に起った災害の共同管理者となり、上位の利害のために、つまり保護するために働くようになったかを明らかにした。ただし、原子力災害対策を通して私たちが観察してきたように、現代の保護とは服従と表裏一体ではないか?どのような曖昧な関係が保護と服従にはあるのか?

【発表者】
10.15:保護と科学者服従
 キース・ベーヴァーストック(東フィンランド大学)
 後藤 忍(福島大学)
 影浦 峡(東京大学)
 コリン・コバヤシ(ジャーナリスト、作家)
 下地真樹(阪南大学)

10.16:保護と市民服従

 アルノ・ミション(原子力批判の著者)
 中手聖一(原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人)
 武藤類子(脱原発福島ネットワークハイロアクション)
 鵜飼 哲(一橋大学)
 
【司会】
ティエリー・リボー (Clersé CNRS・リール第1大学)
セシル・浅沼=ブリス (日仏会館・フランス国立日本研究センター)

【主催】 
日仏会館フランス事務所
Clersé (フランス国立科学研究センター、リール第1 大学)
【協力】
フランス国立科学研究センター
LIA「人間の保護と災害への対応」


2013-10-15-16_Fukushima.jpgのサムネール画像

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 福島で保護と服従

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13
16 17 18 19 20 21
22 23 25 26 28
29 30 31