Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR

  • twitter
  • twitter

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

描かれた酒と米
フランス国立図書館蔵『酒飯論絵巻』をめぐって

[ ワークショップ ]

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2012年11月27日(火) 18:00 - 20:30
場所: 601号室
『酒飯論絵巻』、フランス国立図書館蔵

【趣旨】
フランス国立図書館が所蔵する『酒飯論絵巻』は、酒または飯の利を説く、17または18世紀頃の模本とされる絵巻である。この絵巻には四段に渡って、宴会や調理などの風景が描かれ、食やお茶と飲酒の論争を記している。2009年からパリにおいて、美術史、文学、儀礼史、食文化史、日本中世史など領域を超えた研究者の共同研究の対象となり、今回、研究成果の報告会が開催されることとなった。

【司会】
クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所所長)

【発表者】
ヴェロニク・ベランジェ(フランス国立図書館)、
クレール=碧子・ブリッセ(パリ・ディドロ大学)
フランス国立図書館蔵『酒飯論絵巻』の共同研究プロジェクト:紹介、総括と見通し

小峯和明(立教大学)
『酒飯論絵巻』を読む ― イメージとテクストのはざま 

伊藤信博(名古屋大学大学院国際言語文化研究科)
描かれる食の風景 ― イメージとその現実

ニコラ・ボーメール(名古屋大学教養教育院)
京都の酒から下り酒まで ― 室町時代から江戸時代における日本酒生産地域の移動

【主催】日仏会館フランス事務所、名古屋大学大学院国際言語文化研究科
【後援】フランス国立図書館、日仏図書館情報学会

プログラム

「酒飯論絵巻」をめぐって(11月23日〜25日、名古屋での研究会)

* 参加者限定の研究セミナー等を除き、特に記載のない限り、日仏会館フランス事務所主催の催しはすべて一般公開・入場無料です。席数に限りがございますので、事前のお申し込みをお願いいたします。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > 描かれた酒と米 フランス国立図書館蔵『酒飯論絵巻』をめぐって

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28