Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

フランスと日本における英雄像:神話と現実のはざまで語りかけるもの

[ 一般公開講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2010年10月12日(火) 18:00
場所: 601会議室
講演者: ジャック・ プズー=マサビュオ (元日仏会館研究員)
  • プロフィール:
    1957年に歴史学・地理学の高等教育教授資格(アグレガシオン)を、また、「日本の家」に関する博士論文で国家博士号を1974年に取得。サイゴン(現在のホーチミン市)で研究活動を開始し、1960年から63年にかけて研究員として日仏会館に滞在。1964年から1972年までフランス国立科学研究センターに所属した後、“永住”のため再び来日しアテネフランセや都内の大学で教鞭を執る。フランス語教育および日中韓3か国を中心とした極東研究に関する著作が多数あり、住まいの人類学に関するエッセイも10冊ほど発表している。外国語、特に日本語に翻訳された著作も多い。上記のテーマに関する複数の学術誌にも寄稿している。また、写真家として複数の写真集を発表しており、日本をテーマにした写真集も2冊ある。

  • 講演要旨:
    英雄とは常に驚異的な存在であり、ロマンティックな存在であるとも言える。そのイメージは様々で、プラトンによれば神性の表微、ヘーゲルによれば時代の産物、ベルグソンによれば美徳の勝者、カーライルによれば神によって選ばれた模範である。しかし、共通しているのは英雄とは決して運命に左右されることがなく、逆に自らの意志のみで自らを乗り越える者であるということだ。個人的な挑戦こそが常軌を外れた試練に英雄を立ち向かわせる。

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > フランスと日本における英雄像:神話と現実のはざまで語りかけるもの

2017年12月

          2
3 4 7 8
9
10 11 13 14 15
16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28