Maison Franco-japonaise: 日仏会館 Bureau français  Institut français de recherche sur le Japon  (UMIFRE 19, MAEE-CNRS)

言語:JA / FR


日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー

オバマと第三のアメリカ革命

[ 講演会 ]

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2009年04月23日(木) 18:00
場所: 601会議室
講演者: ジャック・ミストラル (フランス国際関係研究所[IFRI]経済問題主席研究員・首相付き経済諮問委員会委員)
  • 講演要旨:
    ジャック・ミストラルは著書のタイトルにもなっている「第三のアメリカ革命」について講演を行う。本書において「第三の革命」は先行する二つの「革命」、すなわち大恐慌後の1930年代におけるルーズベルトによる改革および1982年以降のレーガンによる超リベラルな改革、と歴史的な観点から比較されている。これら二つの改革はいずれも、実施当時には非常に革新的であった政策から構成されており、四半世紀の長きにわたって実施され、アメリカのビジョンと選挙の際の共闘関係を体現していたが、最後には失速した。ジャック・ミストラルはその分析を推し進め、医療を含む社会政策や年金、教育、持続可能な発展、技術投資などの分野におけるバラク・オバマの政策について考察を加える。金融危機の深刻化によって新政権は雇用問題に集中することを余儀なくされたが、そのことによって中産階級のために仕事をするという目的が損なわれることはなく、国家がふたたび最重要の役割を果たすこととなった。
  • 講師プロフィール:
    理工科学校(エコール・ポリテクニーク)卒業。国家博士、経済学教授。フランス国際関係研究所(IFRI)の経済問題主席研究員であり、首相付き経済諮問委員会委員を務める。政治経済学会(パリ)の会長でもある。在ワシントンフランス大使館の金融担当公使に在任中は、ハーバード大学のシニア・リサーチャーでもあった。長く大学で教鞭を執るとともに、官民両セクターにおいて重要な役職を歴任。民間ではアクサの首脳部で8年にわたって重要な役職を務め、公職としてはミシェル・ロカールおよびローラン・ファビウス両首相の経済顧問を務めた。著書や学術論文も多数で、2008年11月には「第三のアメリカ革命 La Troisième Révolution américaine」によってクリスティーヌ・ラガルド経済・産業・雇用大臣から経済書賞を授与された。バラク・オバマの写真をカバーに使用したこの著作は、オバマが大統領選に勝利する以前の2008年8月に出版されている。

関連データ:

» Mistral-Annonce-BF.pdf (講演案内[PDF])

* 日仏会館フランス事務所主催の催しは特に記載のない限り、一般公開・入場無料ですが、参加にはホームページのイベントカレンダーからの申込みが必須となります。警備強化のため、当日の受付に際しては身分証明書の提示をお願いしております。

« 前のイベント 次のイベント »

日仏会館フランス事務所 / イベント・カレンダー > オバマと第三のアメリカ革命

2017年10月

1 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 18 19 20
23 24 26 27 28
29
30
31        

2017年11月

      1 3 4
5 6 7 9 10
11
12 13 14 15 16
17
18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31